胚珠培養で作出したユキヤナギとシモツケの種間雑種

タイトル 胚珠培養で作出したユキヤナギとシモツケの種間雑種
担当機関 群馬農技セ
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者 工藤暢宏
飯塚正英
木村康夫
発行年度 2003
要約 ユキヤナギ(Spiraea thunbergii Sieb.ex Blume)を種子親に、シモツケ(S. japonicaL.fil.)を花粉親に用いて交配後、胚珠培養を行うと、桃色花色を持つ種間雑種が作出できる。
キーワード 花き、ユキヤナギ、シモツケ、胚珠培養、種間雑種
背景・ねらい 群馬県ではユキヤナギは枝物として栽培されているが、耐寒性、耐暑性があり、生育も強いので庭木などにも利用されている。しかし、花色は白花のみで、ほとんど品種改良されていない。そこで、ユキヤナギに同属シモツケの赤色の花色を導入するために、胚珠培養による種間雑種作出を検討する。
成果の内容・特徴 1.
♀ユキヤナギ×♂シモツケとの交配後5日以上の胚珠を1/2MS培地で培養すると発芽が認められる。交配後10日~24日間で20%以上が発芽し、最大で15.1%の個体が生育する(表1)。
2.
生育個体は葉形、葉の先端部と基部の形態、気孔の大きさは花粉親であるシモツケと類似し、気孔の周辺細胞の形態はユキヤナギと類似している。また、生育個体のDNAをRAPD分析すると、花粉親と同じ増幅断片が得られ(図1)、この個体が両種の種間雑種であると確認できる。
3.
開花した種間雑種はいずれも同様な生育を示し、開花期は4~5月である。花序はシモツケに類似し、前年枝の葉腋から伸びた短枝の先端に散房状に着生する。1花序当たりの花数が14~22と多い(図2)。
4.
花弁の色は桃色で両親の中間花色を示す。桃色の発色は花弁の両側にあり、開花後も桃色を保つ(表2、図2)。
5.
花弁の形はユキヤナギに類似し、広倒卵形である。萼片、花弁、雌ずいの数は5個である。雄ずいの数は24~28個で、両親の中間を示す(表2)。
成果の活用面・留意点 1.
シモツケ属の新しいタイプの花木の育種素材として利用できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007646
カテゴリ 育種 耐寒性 耐暑性 品種改良

この記事は