大ヨークシャー種系統豚「アイリスW2」の造成

タイトル 大ヨークシャー種系統豚「アイリスW2」の造成
担当機関 愛知農総試
研究課題名
研究期間 1997~2003
研究担当者 安藤康紀
栗田隆之
田島茂行
発行年度 2003
要約 産子数と哺乳能力の指標として離乳時一腹総体重の向上を目的とした6世代にわたる選抜により、大ヨークシャー種の系統豚「アイリスW2」を造成した。「アイリスW2」は産子数が多く、さらに哺乳能力が優れており、本県のランドレース種系統豚「アイリスL2」との相性も良い。
キーワード 豚、大ヨークシャー種、産子数、離乳時一腹総体重、ブタ、アイリスW2
背景・ねらい 愛知県で昭和63年に造成を完成した大ヨークシャー種系統豚「アイリスW」は、維持増殖施設を経て県下の養豚農家で広く利用されている。しかしながら「アイリスW」は長期間の維持により本来の能力を発揮できなくなる恐れがあるため、それに替わる系統の造成が求められている。そこで、「アイリスW」の産肉性と肢蹄の強健性を維持し、さらに繁殖形質(産子数、哺乳能力)を改良した新系統を造成する。
成果の内容・特徴 1.
繁殖成績
第5世代における産子数と離乳時一腹総体重はそれぞれ11.2頭と53.6kgで、第1世代と比べてそれぞれ0.7頭と5.0kg増加している(図1、2および表1)。また哺乳開始頭数と離乳頭数も第5世代において10.0頭と9.9頭で第1世代に比べて0.8頭と1.7頭増加しており、特に離乳頭数が顕著である(表1)。
2.
産肉能力
背脂肪とロース断面積の成績は、造成期間を通して能力を維持した。また1日平均増体重については第6世代の集団平均が雄で892.0g、雌で767.5gであり、第1世代よりも雄と雌でそれぞれ38.3gと11.4g増加している(表2)。
3.
第6世代の血縁係数と近交係数の集団平均は22.02%と7.29%である。
4.
本系統は初産としての産子数は11頭以上と高く、さらに哺乳能力が優れているため、離乳頭数も多く、雌系母豚として非常に優れている。
5.
本造成中の雌豚と「アイリスL2」の雄豚によるF1母豚の繁殖成績は「アイリスW2」の成績を大きく上回っており、2系統の相性もよい。
成果の活用面・留意点 1.
今後、愛知県畜産総合センターで維持し、増殖施設を経てから県下の農家に広く譲渡する。
2.
「アイリスW2」と「アイリスL2」および現在造成中のデュロック種の3系統を利用した三元交配肉豚生産によって、県内の銘柄豚肉など高品質豚肉の安定的生産を目指す。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007527
カテゴリ アイリス 繁殖性改善

この記事は