カメムシ類に対応した自動カウント式フェロモントラップの改良

タイトル カメムシ類に対応した自動カウント式フェロモントラップの改良
担当機関 福井農試
研究課題名
研究期間 2000~2002
研究担当者 増田周太
発行年度 2002
要約 自動カウント式フェロモントラップKU-5RN型に、衝突板や雨水分離パイプを取り付け、捕獲効率やセンサーの精度向上を図ることにより、カメムシ類の効率的な発生予察が可能となる。
背景・ねらい 自動カウント式フェロモントラップは、鱗翅目害虫を対象に開発され、用いられている。また、カメムシ類においてもフェロモン剤が開発され、発生予察技術への活用が期待されている。そこで、本トラップをカメムシ類を対象に改良し、捕獲効率や精度を向上させ、省力的で効率的な発生予察技術の開発に資する。
成果の内容・特徴 1.
改良原機は自動カウント式フェロモントラップKU-5RN型(I製)である(図1)。
2.
侵入部に衝突板(アクリル製、透明)を設けることで(図2)、カメムシ類の捕獲効率が向上する(表1)。
3.
雨水の混入による影響を防ぐために、落下口に雨水分離パイプを用いることで(図3)、センサーの誤カウントを少なくできる。また、衝突板を取り付けることによって開口部が大きくなり、雨が入りやすくなるので、屋根を大きくする(図1、図2)。
4.
おおむね体長10mm以上の大型のカメムシに対するセンサーの計測精度は高い(表2)。
5.
改良型フェロモントラップによるセンサーの計測値は実際の捕獲数とほぼ同数であり、本トラップはカメムシ類の発生予察に利用できる(表3)。
成果の活用面・留意点 1.
センサーの精度は、カメムシの大きさと落下口の大きさによって異なる。体長10mm以上のホソヘリカメムシやチャバネアオカメムシの場合は15mmとする。
2.
殺虫のためにDDVPくん蒸剤60gを6枚使用する。殺虫効果の低下を防ぐため、1ヶ月毎に2枚ずつ交換する。
3.
本トラップはソーラー電源の使用により、いろいろな場所に設置できる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007439
カテゴリ カメムシ 害虫 フェロモン 予察技術

この記事は