カンキツにおける土着天敵ケシハネカクシ類の利用と薬剤感受性

タイトル カンキツにおける土着天敵ケシハネカクシ類の利用と薬剤感受性
担当機関 三重科技セ
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者 鈴木賢
山上尚史
発行年度 2002
要約 カンキツ園ではミカンハダニの土着天敵として、ケシハネカクシ類が有効に働いている。三重県東紀州地域では冬期にもカンキツ園で多数確認され、年間を通じて活動している。カンキツで使用される殺菌剤は影響が少ない。殺虫剤は成虫に対し影響の少ない薬剤がある。
キーワード 土着天敵、ミカンハダニ、ケシハネカクシ類、薬剤感受性
背景・ねらい カンキツ栽培におけるミカンハダニの防除では、薬剤防除のみではなく土着天敵を利用した総合的な防除対策が必要と考えられている。ケシハネカクシ類は、ハダニ類の補食能力が高く、また全国的に分布しているので天敵として有望である。そこで、カンキツ園地での周年の発生状況を把握し、カンキツ防除に用いられている各種薬剤に対する感受性を調査することで、ケシハネカクシ類を保護しながらミカンハダニ防除に利用するための防除指針作成の参考とする。
成果の内容・特徴 1.
三重県南部のカンキツ園地では、周年ケシハネカクシ類が確認される。春から秋にかけてミカンハダニの密度が上がると、ケシハネカクシ類の飛来数は増加し、その幼虫が多数確認される。冬期でも、ミカンハダニ密度が高いカンキツ園地においては、ケシハネカクシ類成虫が確認される(図1)。
2.
慣行防除を実施しているカンキツ園地においては、ケシハネカクシ類は年間を通じてほとんど観察できないが、収穫直後などにハダニが多発すると多数飛来する(図2)。
3.
カンキツ防除に用いられている殺菌剤は、ケシハネカクシ類成虫に影響が少ない(表1)。
4.
カンキツ防除に用いられている殺虫剤の中には、ケシハネカクシ類成虫に影響の少ない薬剤がある(表1,表2)。
成果の活用面・留意点 1.
カンキツ類のミカンハダニ対策の資料とする。
2.
感受性の低い薬剤を選択して、防除暦に組み込むことにより、土着天敵を保護しながらミカンハダニの防除を行う。
3.
夏期はケシハネカクシ類等の土着天敵の発生状況を観察し保護に努める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007386
カテゴリ 土着天敵 防除 薬剤 その他のかんきつ

この記事は