水田・畜産業が混在する大規模野菜地帯における河川の窒素動態解析

タイトル 水田・畜産業が混在する大規模野菜地帯における河川の窒素動態解析
担当機関 愛知農総試
研究課題名
研究期間 2000~2002
研究担当者 荻野和明
山田良三
白井一則
発行年度 2002
要約 農耕地に畜産業が混在する地域を流れる河川の窒素動態は、畜産からの窒素排出負荷量を考慮する必要がある。また、河川への窒素流出には水田の占める割合が大きく関与し、畑地からの流出水(地下浸透水)が水田を通過する割合が大きく、かつ各流域における流出水が水田に流入する全面積(市街地を除く)に対する水田面積の比率が大きいほど窒素流達率は小さくなる。
キーワード 露地野菜地帯、畜産団地、窒素排出負荷、地形連鎖、窒素流達率
背景・ねらい 水田・畜産業が混在している露地野菜地帯では河川の窒素動態を施肥量と堆肥施用量から解析することは困難である。そこで、畜産団地からの窒素排出負荷量を飼養頭数から求めるとともに、河川への窒素流出特性を、畑地からの地下浸透水が水田を経由して河川へ流れ込む地形連鎖を考慮して解析する。
成果の内容・特徴 1.
調査対象地域は梅田川流域の一部約2,000haで、標高50~60mの洪積丘陵地が広がる。丘陵頂部と緩傾斜面には野菜畑と茶園が合計641ha分布している。山地斜面には樹園地が約100ha分布する。低地平坦部は水田で、水田面積345haのうち約半分は休耕あるいは転作畑である。丘陵間の低地を精進川、炭焼川などの小河川が南北に流れ梅田川に流れ込んでいる。標高の高い茶園・野菜畑からの流出水の多くは水田を通過して河川に到達し、土地 利用が異なる地形連鎖が認められる。また、各小河川の上流には畜産団地が分布しており、特に炭焼川では流域全体に分布し団地数、家畜飼養頭羽数とも多い(図1)。
2.
河川の硝酸性窒素濃度は、キャベツ等の作付けが始まる9月頃からしだいに高濃度になる川と、季節に関係なく高濃度での変動が大きい川に区分される(図2)。
3.
各河川流域毎の窒素負荷量と河川への窒素流達には集水域における水田面積の占める割合が大きく関与しているいることが認められる。即ち、畑地からの流出水が水田を通過する割合(f1)が大きく、かつ各流域における流出水が水田に流入する全面積(市街地を除く)に対する水田面積の比率(f2)が大きいほど窒素流達率は小さくなる(表1、図3)。
成果の活用面・留意点 1.
畑地からの流出水が水田を通過して、河川へ到達するような地形連鎖のある地域における窒素流達率が得られる。
2.
牛ふん、豚ふん尿は全量が調査地域内に投入されると仮定し、畜種による日ふん尿排泄基準値から年間の排泄量を求めた。次に堆肥化過程でのアンモニア揮散を差し引いたものを家畜ふん尿からの窒素負荷量とした。なお、鶏及び鶉ふんは全量が地域外へ流通しているため計量しなかった。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007363
カテゴリ キャベツ 水田 施肥

この記事は