除草剤耐性遺伝子組換えイネ系統の環境安全性

タイトル 除草剤耐性遺伝子組換えイネ系統の環境安全性
担当機関 愛知農総試
研究課題名
研究期間 1997~2001
研究担当者 井澤敏彦
加藤恭宏
山根精一郎
辻孝子
柏原洋司
発行年度 2002
要約 遺伝子組換えにより作出したグリホサート耐性日本型イネ3系統を用い、環境安全性を評価するため、繁殖性、雑草性、生態系への影響を検討した結果、供試した組換えイネが環境に与える影響は、従来のイネとほぼ同等であると判断される。
キーワード 水稲、遺伝子組換え、除草剤耐性、環境安全性
背景・ねらい 稲作の低コスト化・規模拡大のためには直播等省力技術が極めて有効である。そこで直播栽培において問題となる雑草防除を合理化するため、遺伝子導入により除草剤グリホサート(ラウンドアップ)に対する耐性を付与した日本型イネ系統を作出し、これらの組換えイネが環境に与える影響について、組換え体の利用のための指針に基づき調査する。
成果の内容・特徴 1.
繁殖性の指標となる自然交雑率について、非組換え体及びG2-59系統の四方に開花期が一致するよう育苗・移植した糯品種への粳粒混入率を隔離ほ場で評価すると、株間30cm区においてもイネの一般的な自然交雑率の2分の1程度である(表1)。また、非組換えイネへの除草剤耐性個体の混入率は組換えイネ3系統間で差は認められない。これらのことから、組換えイネ3系統の自然交雑率は非組換えイネとほぼ同等であり、一般的なイネの自然交雑率の範囲内にあると判断される。
2.
雑草性の指標の一つとして低温感受性(2.5葉期)は組換えイネ3系統と非組換えイネで差はなく、4℃静置後10日目にはほぼ完全に枯死し越冬性はない(表2)。
3.
生態系に与える影響として、植物体の鍬込み・後作におけるレタスの生育、土壌微生物相、周辺植物相および飛来昆虫相に対する影響は、同じ条件で栽培すれば、組換え系統と非組換え体で有意差は生じない(表3、4,5)。これらの結果から、組換えイネ系統が生態系に特別な影響を及ぼすことはないと考えられる。
4.
以上の結果から作出した組換えイネ3系統は、環境への影響に関する各評価において非組換えイネと差が認められなかったことから、本組換えイネが環境に及ぼす影響は従来のイネ品種と比較してそれを超えるものではないと結論される。
成果の活用面・留意点 1.
遺伝子組換えイネの当該系統の評価データとして活用できる。
2.
直播栽培への利用など、本技術の農業場面での有効性確認については、なお検討要する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007354
カテゴリ 育苗 規模拡大 雑草 植物相 直播栽培 除草剤 水稲 低コスト 繁殖性改善 品種 レタス

この記事は