被覆尿素を用いた施肥法によるチューリップ球根の品質向上技術

タイトル 被覆尿素を用いた施肥法によるチューリップ球根の品質向上技術
担当機関 富山農技セ
研究課題名
研究期間 2000~2002
研究担当者 飯村成美
今井 徹
辻 俊明
浦島 修
発行年度 2002
要約 チューリップ球根栽培における被覆尿素(30日タイプ)を用いた施肥法は、追肥が不要であり、肥料由来窒素利用率は約75%と高い。収穫球の窒素含量は1割程度高くなり、収穫球を促成栽培に用いた場合、切り花重は重くなる。また、被覆尿素を2作連用しても球根腐敗率は増加しない。
キーワード チューリップ、被覆尿素、窒素利用率、切り花重、連用
背景・ねらい チューリップ球根の慣行栽培法における肥料由来窒素利用率は約30%と低く、特に、基肥は約90%が環境に流亡している可能性がある。そこで、被覆尿素(30日タイプ)を用い、球根収量性が高く、肥料由来窒素利用率も高い施肥法の開発を目指す。
成果の内容・特徴 1.
被覆尿素(30日タイプ)を施用することにより、追肥が不要で、球根収量性が高い施肥体系が可能となる。
2.
肥料由来窒素利用率は、慣行法では29.0%であるが、被覆尿素(30日タイプ)施肥において76.8%と高い(表1)。
3.
被覆尿素(30日タイプ)を施用すると主球重、12cm球以上の大球比率ともに高くなる。また、ほ場裂皮率、球根腐敗率の増加は認められない(表1)。
4.
被覆尿素(30日タイプ)を施用した場合、収穫球の窒素含量は高く(表1)、収穫球を促成栽培すると切り花重は重くなるなど(図1)、促成切り花用球根としての品質向上が図られる。
5.
被覆尿素(30日タイプ)を2作連用した場合も、球根腐敗率の増加は認められない(図2)。
成果の活用面・留意点 1.
この成果に基づいてチューリップ球根栽培用の肥料が開発され、販売されている。
2.
「Leen van der Mark」(T)以外にも「Ile de France」(SL)「Come-back」(DH)「Gander’s Rhapsody」(SL)において同様の結果が得られ、その他の品種についても応用できる。
3.
慣行法同様、植付け時に施用する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007278
カテゴリ 施肥 チューリップ 品種

この記事は