被覆肥料及び節水管理によるレンコン田からの窒素負荷低減技術

タイトル 被覆肥料及び節水管理によるレンコン田からの窒素負荷低減技術
担当機関 茨城農総セ
研究課題名
研究期間 1997~2001
研究担当者 折本善之
武井昌秀
小山田勉
発行年度 2002
要約 レンコン栽培において、生育に対応した被覆肥料を用い、節水管理することにより、慣行施肥量から30%窒素を減肥しても、慣行栽培と同等の収量が確保される。この場合、地表流出水の水量及び地表流出水・浸透水の全窒素濃度が低下し、窒素負荷量は大幅に減少する。
キーワード レンコン、窒素、被覆肥料、水管理、収支
背景・ねらい 現在、霞ヶ浦の富栄養化が問題となっているが、レンコンは窒素吸収量に対して施肥量が多い傾向にあり、レンコン田からの窒素の流出もこの原因の一つと考えられている。
そこで、レンコン栽培における施肥窒素の低投入技術を開発するとともに、この場合の窒素負荷低減効果を明らかにする。
成果の内容・特徴 1.
下記のような低投入、慣行栽培ほ場において、レンコンの収量、施肥前土壌における無機態窒素含量、窒素収支を調査した。なお、低投入、慣行栽培ともリン酸、加里は各々24kg/10aずつ施用した。
低投入栽培 肥料の種類:被覆肥料(シグモイド型、溶出期間100日)
窒素施肥量:17kg/10a(全量基肥)
かん水法  :自動水管理器(無電源でフロートセンサーにより田面水の水位を感知し吸水弁が開閉する装置)による節水管理
慣行栽培  肥料の種類:緩効性肥料(IB大粒)
窒素施肥量:24kg/10a(3回に分施)
かん水法  :手動かん水(栽培農家のバルブ開閉による水管理)
2.
低投入栽培における収量は、生育期の天候が順調な場合県標準の1.6t/10aを上回り、慣行栽培と同等の水準が確保される。(表1、’99・’00年)。しかし、低温、寡照など天候不順の場合は、低投入、慣行栽培とも低収になる(表1、’98・’01年)。
3.
低投入栽培における施肥前土壌の無機態窒素含量は、低投入の影響が現れる’99年以降5mg/100g程度で推移した(表2)。
4.
低投入栽培における年間窒素投入量は、施肥、種レンコン、降水、かんがい水、水掘用水由来の合計が21.3kg/10aであり、慣行栽培と比較し30%減少した。この結果、低投入栽培では地表流出水の水量及び地表流出水・浸透水の全窒素濃度が低下し、窒素負荷量は合計7.2kg/10aと、慣行栽培に比較し41%減少した(図1)。
成果の活用面・留意点 1.
本技術は細粒強グライ土における中晩生品種を対象とする。
2.
低温など天候不順の場合は、深水管理などの対策を講じる。
3.
自動水管理器は水深が3~4cmとなるように設定し、ゴミ詰まりなどが起こらないように保守点検を行う。
4.
レンコン田は常時湛水状態にあるため、畦畔が崩れやすい。畦畔からの漏水は、肥料成分の流出を増加させるため、漏水が著しい場合は畦畔を補強する。
5.
自動水管理器の減価償却費は、減肥による肥料代の節減により相殺される。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007218
カテゴリ 施肥 品種 水管理 れんこん

この記事は