稲発酵粗飼料に調製した「クサユタカ」の牛用飼料としての栄養価

タイトル 稲発酵粗飼料に調製した「クサユタカ」の牛用飼料としての栄養価
担当機関 新潟県農業総合研究所
研究課題名
研究期間 2001~2003
研究担当者 関 誠
森山則男
水沢誠一
村松克久
長谷川昌伸
権平 弘
上原泰樹
笹原英樹
発行年度 2002
要約 「クサユタカ」を糊熟期または黄熟期に収穫した稲発酵粗飼料は、チモシー乾草と同等のエネルギー価を有する。また、この稲発酵粗飼料はチモシー乾草と同程度の物理性があるものの、糊熟期に比べ黄熟期で咀嚼時間が短くなる。
キーワード 飼料用イネ、クサユタカ、栄養価、咀嚼時間
背景・ねらい 水田の高度利用と飼料自給率の向上を目指して、稲発酵粗飼料の生産が急速に増加しているが、北陸地域では、食用品種による生産が主で、早生から中生の飼料用の専用品種開発が待ち望まれていた。一方、中央農業総合研究センター北陸研究センターで育成した北陸168号が、平成14年9月に「クサユタカ」として登録された。そこで、稲発酵粗飼料に調製した「クサユタカ」の牛用飼料としての飼料価値を明らかにし、その普及定着とあわせて稲発酵粗飼料の増産に資する。
成果の内容・特徴 移植栽培で栽培し、糊熟期(出穂後14日)と黄熟期(出穂後28日)に牧草収穫体系で収穫し、稲発酵粗飼料に調製した「クサユタカ」と輸入チモシー乾草についてホルスタイン種乾乳牛2頭及び未経産牛1頭を用いて、1期を14日とする消化試験を行い、あわせて咀嚼時間を測定した。
  1. 「クサユタカ」を糊熟期と黄熟期に収穫した稲発酵粗飼料は、チモシー乾草に比べ非繊維性炭水化物(NFC)が多く、繊維成分が少ない(表1)。
  2. 糊熟期から黄熟期に収穫した「クサユタカ」の稲発酵粗飼料はチモシー乾草と同等のエネルギー価を有する(表2)。
  3. 「クサユタカ」の稲発酵粗飼料の咀嚼時間は、チモシー乾草と比較して、糊熟期では1割程度長く、黄熟期では1割程度短くなる(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 稲発酵粗飼料を牛に給与する際の目安として利用できる。
  2. 黄熟期に収穫した稲発酵粗飼料の物理性はやや低くなることから、物理性の高い粗飼料と組み合わせる等の注意が必要である。
  3. 給与した飼料は、設定切断長1.3cmで切断したものであり、無切断の場合は、これより咀嚼時間が長くなると考えられる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007195
カテゴリ 飼料用作物 水田 乳牛 品種 品種開発

この記事は