茨城県における打込式代かき同時施肥播種機によるコシヒカリの湛水土中点播栽培技術

タイトル 茨城県における打込式代かき同時施肥播種機によるコシヒカリの湛水土中点播栽培技術
担当機関 茨城農総セ農研
研究課題名
研究期間 1998~2002
研究担当者 茅根敦夫
狩野幹夫
小貫和裕
折本美緒
飯島智浩
発行年度 2002
要約 種子肥料繰出ロールを装着した打込式代かき同時施肥播種機は,代かきと同時に施肥播種作業が行え,省力かつ安定したコシヒカリの湛水土中点播栽培を行うことができる。
キーワード 点播栽培,打込式,代かき同時播種,施肥播種,コシヒカリ
背景・ねらい 本県の湛水直播は収穫期に倒伏しやすいため,良食味で市場性が高いコシヒカリを栽培することは困難であった。しかし,米価が低迷している中,現場からはコシヒカリの直播に対する要望が高くなっている。そこで,耐倒伏性が期待できる打込式代かき同時施肥播種機による湛水土中点播栽培技術を確立する。
1.
カルパー被覆種子は,水分減少を抑え被覆がはく離しないよう管理する。
2.
施肥は,種子繰出ロールを肥料用溝3穴/回転,繰り出しを種子と同じタイミングとした種子肥料繰出ロールに改良し,案内管につける種子ホッパーを肥料と種子の仕切を入れたホッパーに改造することで,播種と同時に施肥作業ができ省力的である(写真1)。
3.
窒素成分40%肥効調節型被覆肥料の施肥量範囲は,株間20cmでN-2.3~8.1kg/10a,株間18cmでN-2.5~9.0kg/10aである。粒状肥料の打込み深さはコーティング種子よりやや浅く,条施状となる。また,条止め装置を付加したことで肥料の重複もなく効率的な作業が行える(写真1)。
4.
播種作業は荒代かき後に行い,作業速度0.5m/s,打込ディスク回転数1,030rpm,株間17~20cm,水深3cm以下を標準とする。なお,圃場作業量は2人組作業で4.1h/ha程度である(表2)。
5.
延作業時間は県栽培基準の湛水条播と比べほぼ同程度の69h/haでできる。播種後の生育は安定し,倒伏程度も全面全層基肥施肥区と比べ同じかやや優る(表1,2)。

1.
本成果は,短強稈良食味品種「ゆめひたち」でも適用できる。
2.
種子は乾籾の2倍量カルパー粉粒剤16をコーティングした結果である。
3.
オプション費用は,種子肥料繰出ロールは2.8万円/条,条止め装置は2万円/条,ホッパー1.5万円/ヶ程度で装着できる。
4.
黒ボク土など代かき後土壌が固まりやすい圃場では,トラクタ轍跡が残り種子が露出しやすいので播種作業は荒代かきに続けて行う。
5.
播種後は落水し,苗立の安定化とカモによる加害回避を図る。除草剤は水稲直播用に登録されているものを用い,使用時期・使用量を厳守する。病害虫防除,収穫・乾燥調製作業等は移植栽培に準じて行う。
6.
成果の内容・特徴 1.
カルパー被覆種子は,水分減少を抑え被覆がはく離しないよう管理する。
2.
施肥は,種子繰出ロールを肥料用溝3穴/回転,繰り出しを種子と同じタイミングとした種子肥料繰出ロールに改良し,案内管につける種子ホッパーを肥料と種子の仕切を入れたホッパーに改造することで,播種と同時に施肥作業ができ省力的である(写真1)。
3.
窒素成分40%肥効調節型被覆肥料の施肥量範囲は,株間20cmでN-2.3~8.1kg/10a,株間18cmでN-2.5~9.0kg/10aである。粒状肥料の打込み深さはコーティング種子よりやや浅く,条施状となる。また,条止め装置を付加したことで肥料の重複もなく効率的な作業が行える(写真1)。
4.
播種作業は荒代かき後に行い,作業速度0.5m/s,打込ディスク回転数1,030rpm,株間17~20cm,水深3cm以下を標準とする。なお,圃場作業量は2人組作業で4.1h/ha程度である(表2)。
5.
延作業時間は県栽培基準の湛水条播と比べほぼ同程度の69h/haでできる。播種後の生育は安定し,倒伏程度も全面全層基肥施肥区と比べ同じかやや優る(表1,2)。
成果の活用面・留意点 1.
本成果は,短強稈良食味品種「ゆめひたち」でも適用できる。
2.
種子は乾籾の2倍量カルパー粉粒剤16をコーティングした結果である。
3.
オプション費用は,種子肥料繰出ロールは2.8万円/条,条止め装置は2万円/条,ホッパー1.5万円/ヶ程度で装着できる。
4.
黒ボク土など代かき後土壌が固まりやすい圃場では,トラクタ轍跡が残り種子が露出しやすいので播種作業は荒代かきに続けて行う。
5.
播種後は落水し,苗立の安定化とカモによる加害回避を図る。除草剤は水稲直播用に登録されているものを用い,使用時期・使用量を厳守する。病害虫防除,収穫・乾燥調製作業等は移植栽培に準じて行う。
6.
成果の内容1と4は,2001年度成果情報「打込式代かき同時播種機による苗立安定化を図るためのカルパーはく離程度」,「コシヒカリの湛水土中点播による安定栽培技術」の一部を引用している。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007150
カテゴリ 安定栽培技術 乾燥 栽培技術 除草剤 施肥 播種 品種 病害虫防除 良食味

この記事は