酸性電解水の温湯処理による水稲種子伝染性病害の防除

タイトル 酸性電解水の温湯処理による水稲種子伝染性病害の防除
担当機関 (独)農業技術研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 1999~2002
研究担当者 安田伸子
園田亮一
岩野正敬
宮坂篤
小泉信三
発行年度 2002
要約 水稲種子の酸性電解水(pH2.2、有効塩素濃度80ppm)による密封容器内での温湯浸漬処理(40℃、24時間)は、種子伝染性のいもち病、ばか苗病、苗立枯細菌病および褐条病の防除に有効である。
キーワード 水稲種子、酸性電解水、温湯浸漬処理、いもち病、ばか苗病、苗立枯細菌病、褐条病
背景・ねらい 近年、電解水を利用して化学農薬の使用量を減らした作物病害防除法の検討が各地で行われている。水稲の種子消毒でも、化学農薬の種子消毒剤の代わりに酸性電解水を用いた消毒効果試験が行われているが、実用可能な防除効果が得られていない。そこで、酸性電解水の加温処理による水稲種子の消毒効果を検討する。
成果の内容・特徴 1.
酸性電解水の生成方法:電解質として塩化カリウムを添加した水道水を、X社製の酸性電解水製造装置で電気分解して、pH2.2、有効塩素濃度80ppmの酸性電解水を生成する。
2.
水稲種子の消毒方法:酸性電解水を充満させた密封容器内で水稲種子を24時間浸漬する。浸漬時の浴比は種子1につき酸性電解水10~20の割合とし、この密閉容器を40℃の温湯中に静置する。
3.
いもち病、ばか苗病の自然感染籾を酸性電解水で40℃、24時間処理した場合、水道水40℃処理と比較してもいもち病、ばか苗病の苗における発病が抑制される(表1)。この消毒効果は、市販の化学農薬とほぼ同程度である(表2)。
4.
苗立枯細菌病、褐条病の開花期接種籾を酸性電解水で40℃、24時間処理した場合、苗での発病が抑制される(表3)。
成果の活用面・留意点 1.
もみ枯細菌病では消毒効果が期待できない。
2.
酸性電解水の温湯処理により苗立数は平均約6%低下するが、実用上問題ない。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007112
カテゴリ いもち病 種子消毒 水稲 農薬 防除 もみ枯細菌病

この記事は