多収でルチン含量が改善されたそば新品種「とよむすめ」

タイトル 多収でルチン含量が改善されたそば新品種「とよむすめ」
担当機関 (独)農業・生物系特定産業技術研究機構 中央農業総合研究センター
研究課題名
研究期間 1994~2002
研究担当者 伊藤誠治
大澤 良
堤 忠宏
馬場孝秀
荒川 明
林 敬子
中村恵美子
発行年度 2002
要約 そば「とよむすめ」は草丈が高く、主茎節数が多く、分枝数・1株花房数は中で、直立分枝伸長型の草型を持ち、生態型は中間型である。多収でルチン含量がやや高い特性をもつ。
キーワード そば、直立短枝型、中間型、ルチン、多収
背景・ねらい 国産そばは輸入そばに比べて風味が高く、嗜好の高級化傾向から実需者に高い評価を受けている。しかし、そばの国内消費量はここ数年確実に増加しているが、その約8割を輸入に頼っている状況である。また、そばは近年健康食品・機能性食品としての評価も高めており、特にそばに多く含まれるルチンは、毛細血管の働きを安定・強化させ、脳出血や出血性の病気に予防効果があるといわれている。そのため生産現場からは、収量性があり、高ルチンなどの特徴を持ち、そばにして風味が良い品種が求められている。そこで、優良形質かつ高ルチン含量のそば品種を育成する。
成果の内容・特徴 1.「とよむすめ」は「葛生在来」を育種素材として育成した。平成6年に1,000個体から栽培特性、種子量、種子の形態から24個体を選抜し、平成7年に各個体の由来の24系統から12系統を、平成8年にルチン含量で7系統を選抜し、平成8年度に生産力試験で1系統を選抜して育成した系統である(表1)。2.子実重、千粒重、容積重とも信濃1号より多い。3.製粉歩留は「信濃1号」と同程度で、ルチン含量はやや高い。4.生態型は中間型で草型は直立短枝型である。5.開花期は「信濃1号」に比べてやや遅く、成熟期は6日遅い。6.草丈、主茎長は「信濃1号」に比べ20cm長く、主茎節数がやや多く、分枝数は同程度である。1株花房数はやや多い。7.親品種である「葛生在来」とはルチン含量が高く、千粒重が大きいことで区別できる(表2)。
成果の活用面・留意点 1.「とよむすめ」は生態型が中間型であることから、本州での栽培に適応する。2.耐湿性は強化されていないので、排水対策を要する。3.脱粒性は改善されていないので、適期収穫に努める。4.計画的な種子更新を計り、特性の維持に努める。5.広島県で40haの栽培が予定されている。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010007089
カテゴリ 育種 新品種 機能性食品 そば 耐湿性 品種

この記事は