太陽熱処理はパスツーリア菌の生存への影響が小さい

タイトル 太陽熱処理はパスツーリア菌の生存への影響が小さい
担当機関 三重科技農研
研究課題名
研究期間 1999~2001
研究担当者 北上達
発行年度 2001
要約 パスツーリア菌生息圃場を土壌病害虫防除のために太陽熱処理した後も、サツマイモネコブセンチュウ2期幼虫に対する胞子付着率は高い水準を維持する。太陽熱処理はパスツーリア菌胞子の生存に及ぼす影響が非常に小さい土壌消毒法である。
キーワード パスツーリア菌、太陽熱処理、サツマイモネコブセンチュウ
背景・ねらい ネコブセンチュウ類の天敵細菌であるパスツーリア菌は、トマト、キュウリ等の果菜類、サツマイモ、イチジクなどのサツマイモネコブセンチュウを対象に生物農薬として実用化されている。しかし、現地圃場においてはネコブセンチュウ類以外の土壌病害虫がしばしば発生していることから、これら土壌病害虫に対して土壌消毒を実施する必要がある。
そこで、パスツーリア菌生息圃場で土壌消毒法のひとつである太陽熱処理を行い、その後の胞子の生息密度を調査し、太陽熱処理がパスツーリア菌の生存に及ぼす影響を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 土壌消毒前におけるパスツーリア菌のサツマイモネコブセンチュウ2期幼虫に対する付着率は、太陽熱処理区、クロルピクリン区とも約90%と非常に高い条件(図2)で土壌消毒を実施した(表1、図1)。
  2. 土壌消毒後のパスツーリア菌密度を推定するために、採取土壌にサツマイモネコブセンチュウ2期幼虫を接種し、7日後に再分離した幼虫に対する胞子付着を調査したところ、太陽熱処理区では付着率、幼虫1頭当たり胞子付着数は非常に高い水準であり、パスツーリア菌胞子が生存している。これに対して、クロルピクリン区は付着率、胞子付着数が太陽熱処理区より顕著に低く、パスツーリア菌が大きな影響を受ける(表2)。
  3. トマト2作目前にサツマイモネコブセンチュウを圃場に接種し、栽培後に採取した土壌では、太陽熱処理区は比較的高い水準の胞子付着を維持している。一方、クロルピクリン区はパスツーリア菌胞子が死滅しており、付着がほとんど認められない(図2)。パスツーリア菌が高密度で生息している圃場における土壌病害虫対策として太陽熱処理の併用が可能である。
成果の活用面・留意点
  1. 太陽熱処理時に有機物等を施用した場合のパスツーリア菌に対する影響は未検討である。
  2. 太陽熱処理後のパスツーリア菌胞子の増殖能力に関しては、現在試験中である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006944
カテゴリ いちじく 害虫 きゅうり くり トマト 土壌消毒 農薬 病害虫防除

この記事は