朝顔市に向けた開花安定技術の開発

タイトル 朝顔市に向けた開花安定技術の開発
担当機関 東京農試
研究課題名
研究期間 1994~2000
研究担当者 田旗裕也
発行年度 2001
要約 入谷朝顔市出荷にむけた行燈仕立アサガオの開花安定と計画的栽培の達成をめざすために、開花反応の違いによる市販品種の分類と、栽培期間中の夜温管理技術について検討した。その結果、出荷前6週からの夜温を18℃以上に保つことが重要であった。
キーワード アサガオ、品種、日長処理、短日処理、日長、夜温、
背景・ねらい 東京台東区では、毎年7月6日から3昼夜「入谷アサガオまつり(入谷朝顔市)」が開催され、初夏の風物詩となっている。市の定番商品は花色の異なる4株を寄せ植えした行燈仕立で、開催期間中には10万鉢以上が売買されている。
江戸川区内からはその過半数が出荷されているが、販売期間が極めて限定されることから、開花安定は不可欠な技術である。そこで花成実験の報告が多い‘st.Violet’を対照に、花成反応期における夜温の影響を検討し、開花感受性に基づく市販品種の分類を行った。また人為的短日操作に因らない計画的生産技術について検討した。
成果の内容・特徴

  1. 短日処理期間中の夜温に対する開花感受性と市販アサガオ品種の分類
    98~99年度に夜温(18、20、22℃)、暗期時間(12、14、16時間)、シェード操作による短日処理日数(2、4、8日間連続)を組み合わせた計9種の短日処理を行い、国内市販営利栽培用アサガオ全43品種について開花株率を調査した。‘st.Violet’は夜温20℃+暗期14時間+4日間処理でほぼ全株が開花したが、市販品種は‘st.Violet’と比較して低夜温でも開花できる‘富士の桃’等の高感受性品種と、高夜温を必要とする‘暁の粧’等の低感受性品種に分類できた(図1、表1)。
  2. 栽培期間中の夜温管理
    短日感応期の夜温はアサガオ品種の開花株率に影響が大きいことが示唆された。そこで夜温に対する開花感受性の高い品種群と低い品種群から、それぞれ赤、白、桃、青花の4品種を選び、5月下旬(出荷6週前)から自然日長条件下で低夜温(18:00~4:00平均18℃)と高夜温(22℃)で比較実験を行った。朝顔市開催期間中の4本植1鉢あたりの開花数は、両品種群とも高夜温区で優れ、両夜温区とも高感受性品種で開花数が多かった。低感受性品種の低夜温で栽培では開花始日が遅れ、朝顔市期間中に2品種以上開花した割合も少なかった(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 実栽培上、5月下旬から梅雨までの期間中にしばしば訪れる低温への注意が肝要である。
  2. 管内の露地栽培では高感受性品種の使用が望ましい。
  3. 複雑な色・模様の品種は、多くが低感受性品種に含まれることから、品種群に応じた夜温管理が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006908
カテゴリ あさがお 管理技術 出荷調整 品種

この記事は