高温期のハウス屋根換気によるチンゲンサイ・コマツナの高品質生産技術

タイトル 高温期のハウス屋根換気によるチンゲンサイ・コマツナの高品質生産技術
担当機関 茨城農総セ
研究課題名
研究期間 2000~2001
研究担当者 貝塚隆史
鈴木雅人
発行年度 2001
要約 高温期のチンゲンサイおよびコマツナの栽培において、従来の側窓部換気に加え屋根換気を組み合わせて開口部を寒冷紗で被覆すると、 換気が良好となって高温障害が抑制され、害虫の侵入防止にも効果があり、高品質安定生産が可能である。
キーワード チンゲンサイ、コマツナ、屋根換気、高温障害、虫害
背景・ねらい 高温期のチンゲンサイおよびコマツナの雨除けハウス栽培では生理障害や虫害の発生が多いほか、低温期と比較して内容成分が乏しい。現在利用されている側窓部寒冷紗被覆ハウスは、虫害は少ないものの、高温状態が長期間続くため、換気の改善が必要である。そこで、ハウスの天井部がフィルム巻き取り機で開閉でき、屋根と側窓の開口部全面に寒冷紗を被覆する換気方法の実用性を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 日中のハウス内気温は、側窓部無被覆でも外気温より5℃程度高く推移する。側窓部に1.0mmメッシュの寒冷紗を被覆するとさらに2~3℃高くなるが、屋根開閉装置を取り付けた屋根換気ハウスは側窓部無被覆ハウスよりも1~2℃、また、側窓部寒冷紗被覆ハウスと比較すると最大5℃程度低くなり、昇温抑制効果が大きい(図1)。
  2. 寒冷紗被覆によって害虫によるコマツナの被害株率は著しく減少するが、1.0mmの寒冷紗ではコナガに対してはやや効果が劣る(表1)。
  3. 屋根換気ハウスではコマツナ・チンゲンサイの生育日数が側窓部寒冷紗無被覆ハウスとほぼ同じで側窓部寒冷紗被覆ハウスよりも2~5日遅いため、適期収穫期間が長い。また葉身率、葉形比等が高く、外観品質が屋根換気によって向上する。屋根部寒冷紗被覆による葉色への影響は小さい(表2、表3)。
  4. 屋根換気ハウスでは生理障害の発生が著しく少なく、チンゲンサイでチップバ-ンやカッピングが、コマツナでカッピングや葉身のしわ発生が減少する(表2、表3)。
  5. 屋根換気ハウスでは側窓部寒冷紗被覆ハウスに比べチンゲンサイ・コマツナのアスコルビン酸含量が多く、NO3は少ない傾向がある(表2、表3)。ただし、品種あるいは栽培時期によってもアスコルビン酸含量、NO3含量は変化する。
成果の活用面・留意点
  1. 屋根はできるだけ広く開放するとよいが、POフィルムと寒冷紗が二重構造となった市販の被覆資材(商品名:クレモナ・クイックバン)を利用するのが簡便である。
  2. 降雨時には屋根を閉め、雨水がかからないように注意する。屋根の開閉は側窓部と同様に手動で、市販の巻き取り機を利用する。
  3. 寒冷紗の目合いが細かいほど害虫の侵入防止効果は高まるが、反対に通気性が悪くなるので、通気性を考慮すると目合い1.0mm程度の寒冷紗が適当であり、コナガに対しては生物防除と薬剤防除を組み合わせて行なう。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006885
カテゴリ 害虫 高温対策 高品質生産技術 こまつな 生理障害 チンゲンサイ 品種 防除 薬剤

この記事は