多収でうどんの食感が優れた小麦新品種「ユメセイキ」

タイトル 多収でうどんの食感が優れた小麦新品種「ユメセイキ」
担当機関 長野県農事試験場
研究課題名
研究期間 1987~2000
研究担当者 牛山智彦
桑原達雄(北農研)
斎藤  稔
久保田基成
井ノ口明義(佐久農改)
羽田丈夫
前島秀和(長野中信試)
土屋宣明(長野野菜試)
近藤武晴(上小農改)
細野 哲
酒井長雄
田淵秀樹
後藤和美
中沢伸夫  
発行年度 2001
要約 小麦「ユメセイキ」は、ゆでうどんの粘弾性が高く、滑らかで食感に優れ、色相が明るい白で官能評価が高い。また、耐倒伏性に優れ、多収、穂発芽性難で、外観品質が優れる。長野県で奨励品種(認定品種)に採用された。
キーワード 小麦、粘弾性、色相、官能評価、耐倒伏性、多収、穂発芽性
背景・ねらい 寒冷地南部・温暖地北部では比較的固めの食感を持つ「ナンブコムギ」や「シラネコムギ」などが作付けされてきたが、消費者の中には比較的ソフトで滑らかな食感を求める傾向もある。低アミロースの品種はこれに応えられるが、これまでこの地域に適する品種がなかった。そのため、地場産業振興用に早急に育成することが求められ、実需者からも、地元で入手できる品種の作付が求められてきた。そこで、低アミロースで多収・穂発芽性が難で栽培が容易であり、うどんの官能評価が高い品種の育成を行った。
成果の内容・特徴 「ユメセイキ」は早生、良質、多収を育種目標として、昭和63年度(試験年度)、長野農事試において「関東107号」/「東山24号」の人工交配を行い、以降、派生系統育種法により選抜固定を図り育成した系統である。平成12年度の世代は雑種第12代(F12)である。
育成地では標準品種「シラネコムギ」と比較して、表1に示すとおり、次のような特徴がある。
  1. 播性程度はIV、外穎の色は褐、穂型は紡錘状の有芒種である。
  2. 出穂期、成熟期はほぼ同等の中生種である。
  3. 稈長は短く、穂長は長く、穂数は少ないが、収量性は優れる。
  4. 粒型は中、粒大は中で、外観品質は優れる。
  5. 強稈で倒伏に強く、耐寒性はほぼ同等だが、耐雪性はやや劣る。
  6. 穂発芽性は難で優る。
  7. 製粉歩留・製粉性はほぼ同等である。
  8. 蛋白質含量はやや低い。
  9. 粉の色は同等で白く明るく、粉のアミロース含量は低い。
  10. ゆでうどんの粘弾性が高く、滑らかで食感に優れ、色相が明るい白で官能評が高い。
成果の活用面・留意点
  1. 東北南部、北陸、東山地方の、多雪地をのぞく標高700m以下の地帯に適する。
  2. 瘠薄地や水田転換畑では蛋白質含量が低くなる傾向があるので、高品質小麦を生産するために、止葉展開期に追肥を行ない品質向上を図る。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006836
カテゴリ 育種 小麦 新品種 水田 耐寒性 品種

この記事は