胸腔内癒着痕と豚枝肉品質の関係

タイトル 胸腔内癒着痕と豚枝肉品質の関係
担当機関 群馬畜試
研究課題名
研究期間 1999~1999
研究担当者 加藤一雄
後藤美津夫
松本尚子
発行年度 2001
要約 生産段階における慢性疾病の浸潤状況が枝肉資質におよぼす影響を検討するため、県内4農場から出荷された計463頭の枝肉について、慢性疾病浸潤の指標として枝肉の胸腔内癒着痕の有無と枝肉の格付、背脂肪厚、腹腔内脂肪融点、肉・脂肪色調を調べた。胸腔内癒着痕の無い枝肉は、癒着痕のある枝肉に比べて上物率と脂肪融点が高く、品質的に優れている。
キーワード 豚枝肉・胸腔内癒着痕・上物率・脂肪融点
背景・ねらい 生産現場における飼養環境や衛生環境が、枝肉資質に影響することは明らかである。しかしそれらの因果関係については調査されていない部分が多い。そこで肺炎等の罹患率のひとつの指標となる枝肉胸腔内癒着痕の有無を調査することで農場の慢性疾病浸潤状況や飼養状況を間接的に把握し、県内の枝肉資質改善の一助とする。
成果の内容・特徴
  1. 県内4農場の飼養環境や衛生環境について聞き取り調査を行うとともに、農場において生産・出荷された肥育豚計463頭の枝肉調査を実施した(表1)。
  2. 枝肉上物率が約6割と高い農場は、胸腔内癒着痕のある割合も7%と低い。逆に癒着痕のある割合の高い農場は、枝肉上物率も約4割と低い。
  3. 胸腔内癒着痕の無い枝肉は癒着痕のある枝肉に比べて、上物率と脂肪融点が高い(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 枝肉資質は、生産現場の飼養環境や慢性疾病に関連性があることが見いだされた。
  2. 枝肉上物率や枝肉資質を向上させるためには、飼養環境を改善する必要性がある。
[具体的デ-タ]
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006745
カテゴリ 出荷調整

この記事は