バインダーと野菜作業車を利用した中間伐採用条桑刈取機

タイトル バインダーと野菜作業車を利用した中間伐採用条桑刈取機
担当機関 群馬県蚕業試験場
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者
発行年度 2000
要約 稲麦用2条刈りバインダーと野菜作業車を組み合わせ、晩秋蚕期の中間伐採に使用する条桑刈取機を開発した。本機は収穫条桑の搬出が可能であり、バインダーを取り外すことにより野菜の収穫作業等に使用可能で機械の有効利用ができる。
背景・ねらい 厳しい養蚕情勢を背景に、関連企業の撤退等が相次ぎ中間伐採型の条桑刈取機の購入が困難な状況になっている。このため、他作物で利用されている農業機械に必要最低限の改造を加え新たな条桑刈取機を開発し、比較的安価な条桑刈取機の安定的供給と条桑収穫作業の機械化・効率化を図る。
成果の内容・特徴
  1. 野菜作業車に稲麦用2条刈りバインダーを装着するための簡便なアタッチメントを製作した。装着はボルト7カ所、ピン3カ所による固定で可能である(表1,図2)。
  2. デバイダを利用し、条桑を刈り取り刃へ誘導する幅120cmの刈り取りガイド及びバインダーから放出される条桑を受ける集桑・結束台を製作した(図1,図2)。
  3. 刈り取り部と走行部の動力が別であるため、刈り取り速度と走行速度のミスマッチによるトラブルがない。
  4. 走行部には100kg程度の条桑を積載できるため、条桑の圃場外搬出が可能である。
  5. 当場で開発したコーンカッタ改造型条桑刈取機との組み合わせで、条桑の年間機械収穫が可能となる。
  6. 高床型条桑刈取機の刈り取り所要時間は10a当たり26分で、手刈り(剪定鋏)に比較して約5.6倍の能率である(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 畝間120cm以上、枝条長180~300cmの桑園に導入できる。
  2. バインダーの取り外しにより野菜作業車として使用でき、機械の有効利用ができる。
  3. アタッチメント、刈り取りガイドの製作に溶接作業等が必要である。
  4. 走行部の野菜作業車には、作業台の高さが違う2タイプがあり、桑園状況に応じ選択が必要である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006659
カテゴリ カイコ 機械化

この記事は