高冷地の露地野菜生産における緑肥作物の鋤き込み効果

タイトル 高冷地の露地野菜生産における緑肥作物の鋤き込み効果
担当機関 山梨県総合農業試験場
研究課題名
研究期間 2000~2000
研究担当者
発行年度 2000
要約 ライムギ+ヘアリーベッチ(秋冬作)を鋤き込むことにより、夏作のコマツナ、ホウレンソウ、加工用トマトを減肥して栽培できる。ライムギ(冬作)→エンバク+ヘアリーベッチ(春夏作)を鋤き込むことにより、秋作のレタスは堆肥を用いず標準施肥量で、ダイコン、ハクサイは減肥して栽培できる。
背景・ねらい 高冷地の畑作地帯において、一般的に使用されている牛ふんモミガラ堆肥の代替として、緑肥作物を利用した作付け体系を確立する。そこで、緑肥作物のヘアリーベッチ(マメ科)、ライムギ、エンバク(イネ科)の鋤き込みが野菜の夏作(コマツナ、ホウレンソウ、加工用トマト)、秋作(レタス、ダイコン、ハクサイ)の生産量に及ぼす効果を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 野菜の夏作にむけた緑肥作物の鋤き込み効果
    1)野菜の夏作にむけ、前年の秋冬季にライムギ+ヘアリーベッチを作付けると、生重で4.8t/10a(乾物重で約1t/10a)程度を緑肥として鋤き込むことができる(図1)。
    2)緑肥作物を鋤き込むことで、コマツナ、ホウレンソウ、加工用トマトは、堆肥を施用せず施肥量を各野菜の1/2に削減しても、堆肥+標準施肥量を施した場合と同程度の生産量を得ることができる(表1、図2)。
  2. 野菜の秋作にむけた緑肥作物の鋤き込み効果
    1)野菜の秋作にむけ、前年の冬季にライムギを、春夏季にエンバク+ヘアリーベッチを連続して作付けすると、生重で計4.9t/10a(乾物重で約1t/10a)程度を緑肥として鋤き込むことができる(図1)。
    2)緑肥作物を鋤き込むことで、レタスは堆肥を施用せず標準施肥量で、ダイコン、ハクサイは堆肥を施用せず施肥量を標準量の1/2に削減しても、堆肥+標準施肥量を施した場合と同程度の生産量を得ることができる(表2、図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 秋冬作のライムギ+ヘアリーベッチは9月末までに播種する。播種量は、ライムギが4kg/10a、ヘアリーベッチが5kg/10aで、施肥量は成分量で3要素各2kg/10a程度を施用する。
  2. 冬作のライムギは11月中に、春夏作のエンバク+ヘアリーベッチは5月中に播種する。播種量はライムギが8kg/10a、エンバクが4kg/10a、ヘアリーベッチが5kg/10aで、施肥量は成分量で3要素各2kg/10a程度を施用する。
  3. いずれの野菜も、ガスの発生や窒素飢餓を回避するため、緑肥作物の鋤き込みから1カ月程度を経過してから作付けする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006618
カテゴリ 加工 こまつな 施肥 だいこん トマト はくさい 播種 ほうれんそう ライ麦 レタス

この記事は