りんごM.9ナガノ台木の発根量評価基準の作成と台木の品質評価

タイトル りんごM.9ナガノ台木の発根量評価基準の作成と台木の品質評価
担当機関 長野県果樹試験場
研究課題名
研究期間 1999~2000
研究担当者
発行年度 2000
要約 取り木によって繁殖したM.9ナガノ台木は、発根量評価指標により発根指数2.0(秋根が多く、春根も2~3本発出)以上で、かつ台木直径が9mm以上であれば、揚げ接ぎして良質な苗木育成に利用できる。
背景・ねらい 取り木繁殖が行われたりんごわい性台木の発根量や台木長、台木直径等の形質は、接ぎ木後の苗木の生育と密接な関係がみられ、これらは台木の良否を評価する際の品質基準となりうる。しかし、台木の発根量については、これまで適当な評価基準が無く、判定が困難であった。また、その他の諸形質についても、苗木生育との関係が十分検討されておらず、台木の品質評価が適切に行われていない。
そこで、取り木繁殖が行われたM.9ナガノ台木を用い、発根量を0から4の指数で評価する発根量評価指標を設けた。更に、本指標による発根指数と苗木生育、およびその他の台木形質と苗木生育の関係を調査し、M.9ナガノ台木の品質評価法を明らかにした。
成果の内容・特徴
  1. 図1に示す発根量評価指標により発根指数を判定する。
  2. 台木直径は、基部から20~25cmの節間部分を測定する。
  3. 発根指数2.0以上で、かつ台木直径が9mm以上であれば、揚げ接ぎして、新梢長100cm以上の良質な苗木育成に利用できる(図2)。
成果の活用面・留意点
  1. 接ぎ木後の台木長を50cm程度確保するためには、台木長は60cm程度以上が望ましい。
  2. 揚げ接ぎは2月頃に行う。
  3. 定植後は適時かん水を行い乾燥に十分注意する。
  4. 発根指数、台木直径が基準に満たない台木は、揚げ接ぎせずに育成して夏に芽接ぎを行うか、翌年居接ぎするとよい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006582
カテゴリ 乾燥 栽培技術 台木 接ぎ木 繁殖性改善 評価基準 評価法 りんご

この記事は