サイレージ用とうもろこしへのマルチ栽培の応用

タイトル サイレージ用とうもろこしへのマルチ栽培の応用
担当機関 埼玉県農林総合研究センター
研究課題名
研究期間 2000~2003
研究担当者
発行年度 2000
要約 サイレージ用とうもろこしを早播きした時のマルチ栽培では、収穫までの日数が7日短縮し、極早生・早生品種では増収する。雑草の抑制には白マルチよりも黒マルチで効果が高い。
背景・ねらい サイレージ用とうもろこし栽培では、生産性の向上・省力化とともに農薬への依存度を少しでも減らす環境保全型農業の展開が求められている。雑草抑制のために園芸作物ではマルチフィルムが広く利用されているが崩壊性マルチフィルムの普及により飼料作物生産の場でも利用の可能性が出てきた。そこでサイレージ用とうもろこしをマルチ栽培した場合の生育効果と雑草抑制の程度を明らかにし、埼玉地域での飼料作物生産性の向上(二期作・有利な後作栽培等)および除草作業の省力化、さらに安全な畜産物生産を図る。
成果の内容・特徴
  1. 播種後除草剤を土壌処理する慣行栽培に比べマルチ栽培では出芽は3日早まり、雄穂抽出、絹糸抽出、黄熟期到達日数は約7日早まる。黒マルチと白マルチとでは大差ない(表2)。
  2. .雑草の発生は、除草剤の土壌処理を行わないと増加するが、マルチにより発生は約1/2に抑制され、抑制効果は黒マルチで高い(表2)。
  3. マルチ栽培によって稈長、着雌穂高が高まり、また雌穂の不稔個体が減少する。
  4. .極早生・早生品種では、除草剤を使用しなくてもマルチ栽培をした場合には慣行栽培より高い収量となる。
  5. 飼料成分へのマルチ栽培の影響は認められないが、硝酸態窒素含量は黒マルチで高く、白マルチで低くなる。
成果の活用面・留意点
  1. サイレージ用とうもろこしの極早生・早生品種の4月上旬播種、7月下旬~8月上旬収穫の栽培体系に適用できる。
  2. マルチ栽培では、フィルム敷設に伴う資材費、機械費、労力の増加を伴うが、環境保全型農業の推進の観点等とあわせ経営内で総合的に判断する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006557
カテゴリ 経営管理 栽培体系 雑草 省力化 飼料作物 除草 除草剤 とうもろこし 土壌処理 農薬 播種 品種

この記事は