早生・強稈で精麦白度の高いもち性皮麦新品種「セツゲンモチ」

タイトル 早生・強稈で精麦白度の高いもち性皮麦新品種「セツゲンモチ」
担当機関 長野県農事試験場
研究課題名
研究期間 1985~1998
研究担当者
発行年度 1999
要約 この品種は「アサマムギ」並の早生種である。倒伏に強いもち性の六条皮麦で、精麦白度が高く、麦飯食味の官能評価が高い。
背景・ねらい 北陸、東北、東山地域における六条皮麦の主力品種「ミノリムギ」は、中生で倒伏しやすく、麦価の低迷と平成5年度の水稲の冷害による水田復帰により耕作意欲が減退し、作付面積が減少したため、現在に至るまで実需者の要望に応える生産量に到っていない。そこで、早熟、強稈で特色のある大麦品種を育成して関心を高め、大麦の作付け拡大を図ることが急務である。これまでに実用的な皮麦のもち性品種はないため、もち性の早熟品種の育成は、もち性を生かした新たな用途開発と耕作意欲の向上による麦作の拡大が期待できる。
成果の内容・特徴 「セツゲンモチ」は多収・耐寒・強稈のもち性大麦を育種目標として、昭和60年(試験年次)に、「弥富モチ」/「東山皮83号」のF1に「東山皮82号」を交配し、以降、系統育種法により選抜固定を図ってきたものである。平成3年、「長系P102」として生産力検定予備試験、 平成4年に 「東山系396」として系統適応性検定試験、特性検定試験に供試した結果、成績が良好であったので、平成5年から「東山皮93号」の地方番号を付して生産力検定試験に供試し、関係府県に配付した。平成6年度からは長野県の奨励品種決定調査に供試した結果、成績が良好であったので、平成11年度に奨励品種に採用され、品種登録を行った。
この品種は、次の様な特性がある。
  1. 長所
    • “もち性"の麦飯食味特性が優れる六条皮麦である。
    • 「アサマムギ」と同程度の“早生"である。
    • 稈長は“中"で「ミノリムギ」より10cm程度短く倒伏に強い。
    • 耐寒性は“やや強"で「アサマムギ」より優る。
    • 大麦縞萎縮病抵抗性は「ミノリムギ」より優る“強"である。
    • 精麦時間は「ミノリムギ」とほぼ同等で、精麦中の砕粒は少なく、精麦白度は「ミノリムギ」と同等かやや優る。
  2. 短所
    • うどんこ病に弱い。
成果の活用面・留意点
  1. 脊薄地では茎立期及び止葉展開期に追肥を行い千粒重の増大と品質の確保につとめる。
  2. 越冬性の向上と、良質安定生産のために晩播は行なわない。
  3. うどんこ病には弱いので多発するときには防除を行う。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006258
カテゴリ 育種 萎縮病 うどんこ病 大麦 新品種 水田 水稲 耐寒性 抵抗性 凍害 品種 防除 良食味

この記事は