栃木農試式ディスク駆動式播種機を用いた畑作大豆の不耕起栽培

タイトル 栃木農試式ディスク駆動式播種機を用いた畑作大豆の不耕起栽培
担当機関 栃木県農業試験場
研究課題名
研究期間 1998~1999
研究担当者
発行年度 1999
要約 大豆の不耕起・狭畦栽培での麦稈は、播種精度・苗立数の低下、生育の抑制等に影響する。慣行栽培に比し生育は良く、成熟期はやや遅れるが、収量は同程度以上に確保できる。麦稈処理法は多い場合は搬出がよく、平年並程度の麦の作柄なら麦の収穫は慣行の刈高で播種作業上問題はない。窒素施肥量は0.2kg/aが適当である。
背景・ねらい 本県の畑作地域では、その低収益性等から不作付畑が急増し、衰退の一途をたどっている。一方、ヤマノイモ、ネギ等の新産地化の動きが見られるが、単作化の傾向が強く、連作障害の発生・土地生産力の低下が懸念される。このため、新作物の定着化を図るには、これらを基幹とし、土地利用型作物(大豆・小麦・そば)との輪作体系の確立と生産性の向上を図ることが規模拡大や園芸振興上からも必要になってくる。そこで、畑作地での高収益輪作体系を推進するに当たり、土地利用型作物(大豆)での省力機械化技術である不耕起栽培について技術の確立を図る。
成果の内容・特徴
  1. 不耕起・狭畦栽培(畦巾30cm)では麦稈施用により苗立数の低下、生育の抑制等が見られるが、収量への影響は見られず、麦稈無施用と同程度以上であった(表1)。
  2. 不耕起・狭畦栽培での窒素施肥量は、無窒素では収量が低く、0.4kg/aでは倒伏が増加し収量がやや低下することから、慣行栽培と同程度の0.2kg/aが適当である(表2)。
  3. 不耕起・狭畦栽培では麦稈施用により雑草の発生が抑制される(表3)。
  4. 麦稈を高刈した場合、刈株が障害となり苗立数が低下し、また麦稈量が少なくなることから雑草発生本数が多くなるため、麦収穫時の麦稈刈高は慣行程度がよい(表4)。
  5. 不耕起・狭畦栽培は、慣行栽培に比べて播種精度がやや低下するものの、生育が良く成熟期はやや遅れるが、収量は慣行栽培程度以上に確保できる。麦稈処理法は平年並程度の麦の作柄の麦稈量なら搬出せず、麦の収穫は慣行刈高で播種作業上問題はない。ただ麦稈量が多い場合は播種精度を高めるためにも搬出がよい(表1・3)。
成果の活用面・留意点
  1. 不耕起播種機は、栃木農試式ディスク駆動式播種機である(試作機)。
  2. 小麦跡の畑作大豆での栽培適用である。
  3. 供試土壌は表層多腐植質黒ボク土である。
  4. 除草剤で播種後の茎葉処理剤(グリホサ-ト)は未登録である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006247
カテゴリ 機械化 規模拡大 狭畦栽培 小麦 雑草 除草剤 施肥 そば 大豆 ねぎ 播種 不耕起栽培 やまのいも 輪作体系 連作障害

この記事は