うめ「白加賀」の受粉樹に適した「花香実」の遅咲き系統

タイトル うめ「白加賀」の受粉樹に適した「花香実」の遅咲き系統
担当機関 群馬県園芸試験場
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者
発行年度 1998
要約 「花香実」の遅咲き系統は「白加賀」と開花期間が合致する日数が多く、「白加賀」の受粉樹として従来の品種よりも優れている。
背景・ねらい 1.暖冬の場合は開花期が早く、長期にわたり、「白加賀」と受粉樹との較差が大きくなりやすい。最近は暖冬傾向にあり、開花期は7日程度早くなっている(表1、表2)。
2.「花香実」と比較して遅咲き系統は開花始期で、9日、盛期で10日および終期で8日遅い傾向を認め、白加賀との開花合致日数も倍の16日程度に増加する(表2)。
3.「花香実」と遅咲き系統の花および果実について調査したところ熟期は5日程度遅くなるが、両者は極めてよく似ており、判別は困難である(表3、表4)。
以上、この「花香実」の遅咲き系統は、「白加賀」との開花期間が他の品種よりも長く、優良な受粉樹であると考えられる。
成果の内容・特徴 1.暖冬の場合は開花期が早く、長期にわたり、「白加賀」と受粉樹との較差が大きくなりやすい。最近は暖冬傾向にあり、開花期は7日程度早くなっている(表1、表2)。
2.「花香実」と比較して遅咲き系統は開花始期で、9日、盛期で10日および終期で8日遅い傾向を認め、白加賀との開花合致日数も倍の16日程度に増加する(表2)。
3.「花香実」と遅咲き系統の花および果実について調査したところ熟期は5日程度遅くなるが、両者は極めてよく似ており、判別は困難である(表3、表4)。
以上、この「花香実」の遅咲き系統は、「白加賀」との開花期間が他の品種よりも長く、優良な受粉樹であると考えられる。
成果の活用面・留意点
  1. 開花期の較差が生じやすい平坦地域および暖冬の年には導入効果が高い。
  2. 熟期がやや遅いため、収穫労力の分散が図られる。
  3. 「花香実」同様、黒星病にやや弱い。また、同様に、年によっては果頂部に浅い亀裂を生ずることがある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010006021
カテゴリ うめ 黒星病 受粉 品種

この記事は