カンショ経営の輪作体系に対する評価と導入条件

タイトル カンショ経営の輪作体系に対する評価と導入条件
担当機関 茨城県農業総合センター
研究課題名
研究期間 1997~1999
研究担当者
発行年度 1997
要約 カンショ経営への輪作体系の導入条件を一対比較分析と線形計画法により検討し、地力維持効果の付加やカンショ価格低下時に輪作作物の導入が進むこと、また小規模集約経営の規模拡大過程において、耕地面積9haを前後にカンショ連作の作付けが採用されることを明らかにした。
背景・ねらい 茨城県のカンショ産地においては、単作化の進展や価格変動に即時に対応するという短期的視点に立った作付体系の採用から、地力の低下、連作障害の発生などが表面化してきている。そこで一対比較分析によりカンショ単作経営に対する輪作体系についての重要度評価を行い、それらの結果をシミュレーション条件に反映させたモデルを作成し、線形計画法により輪作体系の導入条件を明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 単作経営2戸、輪作経営2戸に対する一対比較分析による結果、単作・輪作経営の各経営者が重視する要因は多様化し固定的でない。しかし、輪作体系を地域に導入する条件として、「連作障害回避や地力維持になること」や「単作経営に比べて経済的な有利性があること」が重要であることが明らかとなった。一方で、経営内で連作障害が認められないとしたB,C経営の結果から「経営の安定化を含めた経済性の向上」と共に「有効利用できる遊休労働力の活用」の必要性も指摘できる(表1)。
  2. 以上の結果に基づき、単作経営であるA経営を素材とした線形計画モデルを作成し、地力維持、再生産力の確保条件やカンショ価格を変化させ、技術の有利性と輪作が導入されるための条件について検討した。また、輪作体系を導入しているD経営を素材に、労働力を固定し規模をパラメータとするシミュレーションを行った。その結果、次のような結果が得られた(モデルの設計手順については表2参照)。
  3. A経営モデルによれば、線虫対抗植物により土壌消毒剤の代替が可能な場合にはバレイショ、ギニアグラス、カンショを中心とする作付体系の採用が有利となる。次に収量増加効果が付加された場合には麦との2毛作による連作が拡大され、さらに品質改善効果が加われば、麦を中心とした輪作作物との2年カンショ1作といった作付体系が採用される(図1、カンショ価格110円/kg時)。なお、カンショが高価格の場合にはカンショ単作の作付けが中心であるのに対し、カンショ価格が低下した場合は、カンショ単作の作付けは採用されなかった。
  4. 次に、D経営モデルの結果では、根菜類を中心にした集約的な作付体系からの規模拡大過程において、耕地面積が9haをピークとしてカンショ連作が中心となった。さらに規模拡大しD経営の現状規模に近付くにつれ、再び輪作体系が増加することが示唆された。これらの結果から、土地利用率の高い集約的な作付体系から発展した一定規模では、カンショのみの作付体系も合理性を持ち得ると考えられ、輪作作物を導入するためには、作付体系に適応した労働力の構築が重要であると判断できる(図2)。
成果の活用面・留意点 モデルや現地で取り入れられている輪作作物間の価格較差は少ないため、価格の設定に注意する。また、前提条件となる地域的条件や活用できる雇用労働力など経営の実状、経営者の主観により選択される作物や作付体系との関連を慎重に検討する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005795
カテゴリ かんしょ 規模拡大 経営管理 経営モデル 土壌消毒 ばれいしょ 輪作 輪作体系 連作障害

この記事は