アルストロメリアの地中冷却栽培における好適地温と品種

タイトル アルストロメリアの地中冷却栽培における好適地温と品種
担当機関 茨城県農業総合センター
研究課題名
研究期間 1996~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 アルストロメリアの地中冷却栽培において、収量増加のための好適地温は品種により大きく異なる。収量増は粗収入の増加につながるが,収量が増加しなくとも開花が早まり粗収入が増加する品種もあるので、地温の設定は品種特性により変える。
背景・ねらい Wilkins(アメリカ)やVonk Noordegraaf(オランダ)が行った開花習性についての研究により、アルストロメリアは根茎先端の生長点が15℃程度の涼温に遭遇することによって、連続的に開花することが明らかになった。しかし、彼らが供試した品種は既に営利性が失われており、さらに種間交雑の進んだ現在の営利品種に、15℃という地温が普遍的に実用的であるかについては疑問視されている。
そこで、地中冷却栽培における品種毎の実用的な地温について検討しようとした。
成果の内容・特徴
  1. 収量と地温との関係(図1)では、`セレナ'、`ロジタ'、`ウエストランド'でみられるように、従来好適であるといわれてきた地温15℃が、品種によっては必ずしも収量増に好適ではないことを示している。
  2. `パロマ'、`ラパーズ'、`ミナス'は低温要求性が大きく、15℃以下に地中冷却を行っても秋期出荷は困難である(図1)。
  3. 12℃に冷却することは過剰冷却となり、かえって生育不良を引き起こし収量が減少する(図1)。
  4. `レッドバリー'と`ビエンナ'の月別収量(図2)に、大田花き(東京)での月別平均卸売単価(データ省略)を掛け合わせ、10aあたりの粗収入を試算した結果(表1)、`ビエンナ'では19℃以下のどの冷却温度でも収量増に伴い粗収入が増加するが、`レッドバリー'では収量は増えないものの、12月から1月の収量の多かった15℃区で粗収入が最も多い。つまり、収量増によって収入増となる品種と、収量は増加しないが開花が早まり、高単価の時期に出荷することによって収入増となる品種とでは、地温の設定が異なる。
成果の活用面・留意点 近年の品種群は総じて設定地温が15℃よりも高くてよいが、好適地温は品種により大きく異なる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005747
カテゴリ アルストロメリア 出荷調整 低温要求性 なす 品種

この記事は