シードテープを利用したダイコンの1粒播種法による間引きの省力化

タイトル シードテープを利用したダイコンの1粒播種法による間引きの省力化
担当機関 神奈川県農業総合研究所
研究課題名
研究期間 1997~1998
研究担当者
発行年度 1997
要約 慣行の株間24cm3粒播種に対してシードテープを利用して8cm間隔1粒播種を行ったところ、間引き時間は65%に短縮され、品質面の問題もない。また、欠株が生じても、株間を部分的に16cmとすれば欠株の影響を除去できる。
背景・ねらい ダイコン栽培の間引き作業は大きな労力負担である。しかし1粒播種を行うと、欠株の発生により収量の減少をもたらす。この点を改善するために、間引き作業は必要であるが、慣行の24cmに対して(1ヶ所に約3粒播種)、播種間隔を8cmとした1粒播種を試みた。この方法であれば間引きが省力化されるとともに、畝の端から順番に間引きを行っていったときに欠株によって24cmの株間を維持できないときには、欠株の発生箇所の1つ手前のものを生かして株間を16cm又は1つ先のものを生かして32cmとすることによって収量の減少を防ぐことができると考え、省力の程度、品質および生育への影響からみた実用性を明らかにしようとした。
成果の内容・特徴
  1. 欠株の発生率は、播種間隔が24cmの1粒播種では5%以上となるが、播種間隔が8cmの1粒播種では、例えば畝の端から順番に間引きを行っていったときに欠株によって株間が24cmを維持できなければ、欠株の発生箇所の1つ手前又は1つ先のものを生かして株間をそれぞれ16cm又は32cmとすると、間引き後の最終的な欠株の発生は、慣行と同様ほぼ0%である(表1)。
  2. 1粒播種を行うときには、初期にべたがけを行うと欠株の発生を少なくするのに有効である(表1)。
  3. 8cm間隔で1粒播種を行ない、24cm株間に間引くと、間引き時間は約65%に短縮される(表2)。
  4. 1粒播種の上物率からみた品質は慣行と差が認められない(表3)。
  5. 欠株で株間を24cmに維持できないときには、欠株前後の一方の片側の株間は32cmとするよりも16cmとした方が全体からみた揃いは良くなる(表5)。
成果の活用面・留意点
  1. 本栽培は秋まきダイコンである。
  2. 初期のべたがけが長期になると生育は抑制される。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005732
カテゴリ 省力化 だいこん 播種

この記事は