乳牛への雑草(ワルナスビ)混合トウモロコシサイレージの給与が泌乳成績及び血液性状に及ぼす影響

タイトル 乳牛への雑草(ワルナスビ)混合トウモロコシサイレージの給与が泌乳成績及び血液性状に及ぼす影響
担当機関 岐阜県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1996~1998
研究担当者
発行年度 1997
要約 トウモロコシサイレージにワルナスビを現物の5~10%混合したサイレージを用いた混合飼料を乳牛に給与しても、ワルナスビ無給与の対照区に比べて採食量、乳量、乳成分、血中成分に有意な差は認められなかった。しかし、ワルナスビの混合量が増えるにしたがって、採食量は減る傾向がみられた。
背景・ねらい 近年、輸入飼料の増加とともに、その中に混合してきたとされる強害外来雑草が県内でも繁茂し、収量・品質の低下、あるいは機械トラブルによる作業効率の低下など様々な問題を引き起こしている。そこで、ワルナスビを乳牛の飼料に混合し、その混合割合が採食量、乳量、乳質及び血液性状に及ぼす影響について検討した。
成果の内容・特徴
  1. 対照区として岐阜県畜試で通常給与している混合飼料(TMR)、ワルナスビのみで調製したサイレージを現物で5%と10%混合したトウモロコシサイレージを用いたTMRをそれぞれ調製した(表1)。これらをホルスタイン種泌乳牛3頭に給与する1期14日間の3×3のラテン方格法で試験を行った。飼料成分からみると、ワルナスビは粗蛋白質と粗繊維含量が高い特徴を持っていた(表2)。
  2. 供試したワルナスビの量が少なかったためか、採食量、乳量、乳成分、血中成分において、飼料間に有意な差は認められなかった(表3)。TMR自体の嗜好性は良好であったが、ワルナスビはトゲがあるため採食しずらそうで、ワルナスビの混合量が増えるにしたがって採食量が減る傾向がみられた。
  3. ワルナスビの摂取によって血中成分に異常を示したものはなかった(表3)。また、試験期間中ワルナスビ10%区の試験牛1頭に乳房炎の発症がみられたが、原因については究明できなかった。また、それ以外で目立った症状は認められなかった。
成果の活用面・留意点 トウモロコシサイレージへのワルナスビの混入量が増えるにしたがって、採食量は減る傾向がみられた。また、今回の試験は短期間の給与成績であることから、さらに長期間の給与試験、およびワルナスビ中の有毒成分について部位別に調査・分析する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005699
カテゴリ 雑草 トウモロコシサイレージ なす 乳牛

この記事は