イチビの飼料作物圃場での拡散

タイトル イチビの飼料作物圃場での拡散
担当機関 群馬県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 イチビは、圃場でのイチビの結実・種子落下だけでなく、イチビ種子を含んだ未熟堆肥の施用により短期間に圃場全面に拡散する。除草剤での防除は有効だが、完熟堆肥の調製・施用との組み合わせることで外部からの新たな種子の侵入を遮断する必要がある。
背景・ねらい イチビは全国各地の飼料用トウモロコシ畑で発生し、トウモロコシの減収・品質低下などの被害をもたらしている。イチビは農家が気付かないうち圃場に侵入し、ある年から被害が顕在化する例が多い。本研究ではイチビの生産現場における年次別の拡散を調査することで拡散機構を明らかにし、対策技術マニュアルの資料とする。
成果の内容・特徴
  1. 夏作にトウモロコシ、冬作に麦類(二条大麦とライムギの混播)を作付けしている圃場において、イチビの発生消長を調査した。イチビの発生面積は、調査1年目に72m2であったが、2年目には圃場全体の6割に当たる1,146m2まで拡大した(表1、図1)。
  2. 発生面積の拡大は、圃場内での種子拡散に加え、イチビ種子を多量に含む未熟堆肥の投入によるものと判断され、未熟堆肥を経由したイチビ種子拡散の影響が大きいことを示唆した(表2)。
  3. 調査3年目のイチビ発生面積は、除草剤による防除効果で圃場全体の約2割、346m2まで減少した(表1、図1)。このように除草剤での防除は非常に有効だが、イチビの発芽は不斉一で、除草剤処理後に発芽する株が多く見られ、蔓延させると完全防除は難しい。
  4. これらのことから、イチビの防除には除草剤に加えて新たな種子の侵入を遮断する必要がある。これには完熟堆肥を調製し、堆肥中の雑草種子を死滅させることが重要である。
成果の活用面・留意点
  1. イチビの防除対策のための資料として活用できる。
  2. 本試験ではイチビの防除にアイオキシニル乳剤を使用したが、対象作物としてトウモロコシには登録がないため、防除にはベンタゾン液剤を使用すること。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005694
カテゴリ 大麦 雑草 飼料作物 飼料用作物 除草剤 とうもろこし 防除 ライ麦

この記事は