水稲「信交485号」の育成と奨励品種採用

タイトル 水稲「信交485号」の育成と奨励品種採用
担当機関 長野県農事試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 早生,耐冷性強,良質,極良食味の水稲「信交485号」を育成した。「コイヒメ」に替えて奨励品種に採用し、本県高冷地の産米改善を図る。
背景・ねらい 本県高冷地における主要な粳品種「コイヒメ」は耐冷性が強く、栽培特性に優れ多収であるが、品質及び食味が劣り,これに替わる良質・良食味品種が要望されていた。
このため、「コイヒメ」に替わる品種として、良質・良食味品種を育成・選定し、高冷地へ普及することにより本県高冷地帯の産米改善を図る。
成果の内容・特徴
  1. 平成2年、早生・耐冷・良食味を目標に「コシヒカリ」を母とし、「空育143号」を父として交配を行い育成した系統である。
  2. 出穂期・成熟期とも「コイヒメ」と同等の早生である。
  3. 耐冷性は「コイヒメ」並の強である。
  4. 玄米は粒揃い良く光沢があり、腹白・心白の発が生少なく,品質は「コイヒメ」より優れる。
  5. 玄米はやや小粒であるが粒厚1.8mm以上の割合はコシヒカリと同等である。
  6. 食味は「コイヒメ」より優り、「コシヒカリ」に近い極良食味である。
  7. 稈長は「コイヒメ」より長く、耐倒伏性は弱い。
  8. 収量性は「コイヒメ」よりやや劣る。
  9. いもち病の新性抵抗性遺伝子はPi-a,kと推定され、圃場抵抗性は中とみられる。
成果の活用面・留意点
  1. 普及地帯は標高800~1,050m(中信北部、北信、東信の霧下は700~1,000m)の高冷地。
  2. 長稈で耐倒伏性が劣るので、基肥は「コイヒメ」より少なくし、多肥栽培は避ける。
  3. 耐寒性は強いが、冷温来襲時には、深水管理等の冷害対策を実施する。
  4. いもち病抵抗性遺伝子Pi-a,kをもち,これを侵す菌が増加すると多発する場合があるので、注意するとともに適期防除につとめる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005558
カテゴリ いもち病 水稲 耐寒性 抵抗性 抵抗性遺伝子 凍害 品種 防除 水管理 良食味

この記事は