水稲「こいごころ」の奨励品種採用

タイトル 水稲「こいごころ」の奨励品種採用
担当機関 山梨県総合農業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 水稲「こいごころ」は成熟期が「日本晴」と同程度の平坦地向きの晩生品種で、強稈・高品質・良食味、多収である。本県の標高250m~500m地帯を対象に奨励品種に採用する。
背景・ねらい 本県の平坦地域における水稲の主要作付品種は、「日本晴」、「農林22号」等の晩生品種である。「日本晴」は外観品質が良く安定多収であるが、食味が不十分であるために作付が減少している。また、「農林22号」は良食味であるが、長稈で倒伏しやすいため作付が減少している。
一方、消費者の良食味米指向が高まる中で、「コシヒカリ」並の良食味品種が晩生種の中に無いため「コシヒカリ」の作付が平坦地域において増加しているが、「コシヒカリ」は倒伏に弱く、登熟期の高温による品質・食味の低下等の問題がある。
そこで、成熟期が「日本晴」と同程度の平坦地向きの強稈・高品質・良食味品種の選定が強く望まれている。
成果の内容・特徴 「いごころ」は、農業研究センターにおいて「関東141号」を母とし、「コシヒカリ」を父とした交配組み合わせから育成された。
「日本晴」と比較して、その特性概要は次のとおりである。
  1. 出穂期・成熟期はほぼ同程度の晩生品種である(表1)。
  2. 稈長は同等かやや短い(表1)。
  3. 穂長、穂数はほぼ同程度で草型は中間型である(表1)。
  4. 耐倒伏性は同程度かやや強く、収量性はやや優る(表1)。
  5. 玄米千粒重はやや重く“中粒"である。玄米の外観品質は粒張りが良く同程度である(表1)。
  6. 食味は優る(表2)。
  7. 玄米のタンパク含量、アミロース含量はやや低い(表3)。
  8. いもち病抵抗性は強い(表4)。
標高250m~500m地帯に普及する。
成果の活用面・留意点 標高250m~500m地帯に普及する。
  • 留意点
    (1)耐倒伏性は日本晴並みであるが、窒素肥料の過剰施肥は避ける。
    (2)穂発芽性は日本晴並みの中であり、また刈遅れると品質が低下するので適期収穫に努める。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005557
カテゴリ いもち病 水稲 施肥 抵抗性 品種 良食味

この記事は