トリフルミゾールによる細繊度繭生産

タイトル トリフルミゾールによる細繊度繭生産
担当機関 千葉県農業試験場蚕業研究室
研究課題名
研究期間 1996~1997
研究担当者
発行年度 1996
要約 トリフルミゾールを湯練り飼料に混入し、普通蚕品種の3齢初期に食下させることで3眠蚕を効率的に誘導できる。3眠化により繭糸繊度が2デニール前後の細繊度繭となり、繭および生糸の差別化、用途別化が容易となる。
背景・ねらい 繭価格が長期的に低迷するなかで、繭生産基盤が急速に弱体化している。国内の繭生産を維持・増強するため、トリフルミゾールにより普通蚕を3眠蚕化することで細繊度繭の生産技術を確立し、生産繭および生糸の差別化による地域ブランド化の推進に資する。
成果の内容・特徴
  1. トリフルミゾール9g(表1)を日本薬局方エタノール40ml(表2)に溶解させてから、約80℃の湿体調製に用いる湯(44l)に入れ、良く撹拌してから粉体20kgを投入し、湯練り飼料の湿体調製を行う。
  2. トリフルミゾールを混合した湯練り飼料は、1~2齢人工飼料育後の3齢餉食時に、掃立蚕1箱(2万頭)当たり6kg給餌する。給餌後48時間摂食させると99%以上の3眠化率が得られる(表3)。
  3. 3眠化した蚕の3~4齢経過日数は、4眠蚕の3~5齢経過に比べて約3日短縮するが、虫質には大差がない。繭重は1.5g前後、繭層歩合は21%強である(表3)。
  4. 細繊度繭の繰糸成績は、生糸量歩合や繭糸長が普通繭に比べてやや劣るが、解じょ率には差がない。繭糸繊度は2デニール前後と細く、細繊度繭としての差別化が容易である(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. トリフルミゾールは現在、動物用医薬登録の申請手続きを行っており、認定されれば農家への技術普及が可能となる。
  2. 蒸煮するタイプの人工飼料ではトリフルミゾールが高熱により分解するので、同一濃度の処理では3眠化率が低下する。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005470
カテゴリ 地域ブランド 品種

この記事は