キャベツの省力機械化一貫作業体系

タイトル キャベツの省力機械化一貫作業体系
担当機関 千葉県農業試験場
研究課題名
研究期間 1993~1995
研究担当者
発行年度 1996
要約 キャベツ栽培において、歩行型全自動移植機、乗用型管理機及びトレッド可変式高床運搬作業車を利用して、作業者の労働強度の軽減を中心とした機械化作業体系を策定した。この体系での10a当たり延べ作業時間及び労働強度は慣行の体系に比較して50%程度に軽減される。
背景・ねらい 葉菜類の移植作業は、育苗システムも含めて機械化が進展中である。栽培管理作業についても、今後、乗用型管理機の利用が普及するものと思われる。また、収穫に関わる作業の機械化は、作業者の作業性の改善を行う上でも重要である。そこで、キャベツ栽培の播種から育苗、移植、防除、収穫、運搬、出荷など、一連の作業の機械化・システム化によって作業者の労働強度の軽減を中心とした機械化作業体系を策定し、作業性の改善を図る。
成果の内容・特徴
  1. 育苗をセル苗で行い、定植作業に歩行型全自動移植機、栽培管理作業に乗用型管理機及びその作業機、収穫物の圃場外搬出作業にトレッド可変式高床運搬作業車を利用する作業体系を策定した。その作業体系における10a当たりの延べ作業時間は31時間で、慣行作業体系の50%程度となる。(表1・表2)
  2. 労働強度については、全自動移植機によって苗取り作業がなくなることから、定植関連作業の労作量値(RMR×作業時間)が2/3に、乗用管理機によって追肥・中耕・防除作業の労作量値が1/10に、また、トレッド可変式高床運搬作業車によって圃場外搬出作業の労作量値が1/4になることから、作業体系全体としては、10a当たりの労作量値が慣行作業体系の1/2以下となり、作業者の労働強度が軽減される。(表1・表2)
  3. 「千葉県農業経営基盤の強化の促進に関する基本方針」のなかの個別経営体(露地野菜専作・メロン、キャベツ、ダイコン)を想定して機械利用経費を試算すると、全自動移植機、乗用管理機及びその作業機、トレッド可変式高床運搬作業車を導入する場合の利用規模の下限は、2.1haとなる。()
  4. 収穫は、商品性の高いL球だけを選択収穫する方式のため、一斉収穫方式の収穫機は導入しない。
成果の活用面・留意点
  1. 全自動移植機の作業時間及びRMRは、欠株率5~10%程度のトレイを使用し、機械定植と同時に補植を行ない、畦の端に来た時に予備苗補給を行った場合のものである。トレイの欠株率がこれ以上又はこれ以下の場合あるいは、畦の途中で予備苗の補給を行なう場合には、作業時間・RMRともに変化する。
  2. キャベツ単作の場合、機械の利用規模の下限は、3.4haである。
  3. 運搬作業車は、トレッド幅を最大にした場合には、出荷箱を100個前後積載することが出来るが、作業車の最大積載量は500kgなので、500kgを超えないようにする。(表3)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005453
カテゴリ 育苗 機械化 キャベツ 経営管理 栽培技術 収穫機 出荷調整 だいこん 播種 防除 メロン

この記事は