中部高冷地におけるライ麦・ヘアリーベッチ混播栽培法

タイトル 中部高冷地におけるライ麦・ヘアリーベッチ混播栽培法
担当機関 長野県畜産試験場
研究課題名
研究期間 1994~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 長野県高冷畑作地帯の輪作体系において冬作飼料作物としてライ麦・ヘアリーベッチ混播栽培を、夏作の残効を利用して無施肥で行い、ヘアリーベッチの割合を高めるにはライ麦品種は晩生種を用い、播種深度は5cm程度、ヘアリーベッチ播種量は6kg/10a 以上とするのが適している。
背景・ねらい 長野県高冷畑作地帯における輪作体系下で、冬作として栽培されているライ麦の粗蛋白質含量を高めるための混播栽培に最適なマメ科牧草として、越冬性の点からヘアリーベッチが挙げられる。そこで、夏作の残効を利用して無施肥でライ麦・ヘアリーベッチ混播栽培を行う場合にヘアリーベッチ割合を高めるために、ライ麦・ヘアリーベッチを同一畦に条播してライ麦品種、播種深度及びヘアリーベッチ播種量について検討した。
成果の内容・特徴
  1. ライ麦・ヘアリーベッチ混播区の全乾物収量は、早生種(キングライ麦)の場合637~887kg/10a、晩生種(サムサシラズ)の場合789~1170kg/10aで、全乾物収量に占めるヘアリーベッチの割合は、早生種が
    1. 5~6.7%、晩生種が6.0~17.7%と、収量、ヘアリーベッチ割合とも晩生種で高かった(表1)。
    2. 播種深度が異なる場合、早生種、晩生種とも全乾物収量に占めるヘアリーベッチ割合は播種深度5cmで高かった(表1)。
    3. 晩生種でヘアリーベッチの播種量が3kg/10aの場合、全乾物収量に占めるヘアリーベッチの割合は、6.0~13.5%、6kg/10aでは7.4~15.1%、9kg/10aでは10.7~17.7%で、年次による変動を考慮すると6kg/10a以上の播種量が適当と考えられた。
    4. 以上の結果から、ライ麦・ヘアリーベッチ混播栽培においてヘアリーベッチ割合を高めるには、晩生ライ麦を用い、播種深度5cmで、ヘアリーベッチ播種量を6kg/10a以上で行うのが適している。
成果の活用面・留意点
  • ヘアリーベッチの割合は気象条件等により年次によって異なる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005391
カテゴリ 飼料作物 施肥 播種 品種 ライ麦 輪作体系

この記事は