フィルム小袋包装と砕氷処理の組み合わせによるアスパラガスの鮮度保持

タイトル フィルム小袋包装と砕氷処理の組み合わせによるアスパラガスの鮮度保持
担当機関 長野県農業総合試験場
研究課題名
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 アスパラガスのフィルム小袋包装では流通中における萎凋がなく品質的に良好である。フィルムとしては直鎖低密度ポリエチレン及び微細孔系フィルムが適し、砕氷処理と組み合わせることにより高鮮度流通が可能である。
背景・ねらい アスパラガスは青果物の中でも呼吸量が高く、萎凋の著しい品目であるため、現行の出荷形態では日持ち性に問題が残る。そこで、包装と低温による品質保持を目途に適正フィルムの選択を行い、砕氷との組み合わせによる鮮度保持を図る。
成果の内容・特徴
  1. フィルム内ガス組成について:材質や酸素透過度の異なる数種のフィルムを供試し、アスパラガスを密封包装して貯蔵した結果、L-b(直鎖低密度ポリエチレン)、M-b(ポリメチルペンテン系)、OPP(延伸ポリプロピレン)では包装内酸素濃度が3%以下になり、嫌気的条件となった。(表1)
  2. 貯蔵後の品質について:包装区は無包装区(慣行)に比べて減量が少なかった。L-b(直鎖低密度ポリエチレン)およびP-a(微細孔系フィルム)では茎部の陥没症状が少なかった。切り口の腐敗はM-a(ポリメチルペンテン系)を除いて、慣行の無包装と同程度かやや少ない傾向にあった。還元糖含量はL-a、P-a、PS(ポリエチレン)で高かった。(表2)
  3. 砕氷処理について:フィルム小袋包装と砕氷処理との組み合わせでは無処理区に比べて品温の上昇が抑制され、切り口の腐敗が軽微で品質保持効果が高かった。なお無包装状態で砕氷処理した場合には凍害や茎の硬化が認められた。(表3)
  4. 以上の結果、アスパラガスの小袋包装には直鎖低密度ポリエチレン(酸素透過度:7,000cc/m2・day),微細孔系フィルム(同15,000)が適し、切り口の腐敗・茎の萎凋が抑制された。砕氷処理と組み合わせることにより、さらに品質保持効果が高められた。
成果の活用面・留意点
  1. 産地包装することにより、生産地から小売店を経て消費者に届くまで高鮮度状態が保持できる。
  2. 本方式を採用することにより共選体制の導入にもつながり、生産者の労力軽減に役立ち、栽培面積の拡大が図れる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005325
カテゴリ アスパラガス 出荷調整 凍害 品質保持

この記事は