受粉用昆虫マルハナバチは近紫外線除去フィルム被覆下でも利用できる

タイトル 受粉用昆虫マルハナバチは近紫外線除去フィルム被覆下でも利用できる
担当機関 三重県農業技術センター
研究課題名
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 近紫外線を全く透過させないハウス内でも、一般農ビフィルム下と同様に受粉用昆虫のマルハナバチは受粉活動をする。
背景・ねらい 平成3年12月に試験用として導入されたマルハナバチ(Bombus terrestris)は、現在では全国各地で利用されている。しかし、このマルハナバチを用いると、受粉活動を円滑にさせるために農薬、特に殺虫剤の種類が制限される。
一方、近紫外線除去フィルム被覆下で栽培される作物は、たとえばトマトの場合、灰色かび病の胞子形成阻害やアザミウマ類の飛翔分散防止等の効果により、病害虫の発生は少ないとされている。しかし、この被覆下では、同じ受粉用昆虫の西洋ミツバチは全く飛翔しない。
もし、マルハナバチが近紫外線除去フィルム下で受粉活動を行えば、さらに減農薬栽培が可能となり、今後の生物農薬等を用いた総合防除の展開が図れる。
そこで、マルハナバチの活動を近紫外線除去フィルムと一般農ビフィルム下で比較検討した。
成果の内容・特徴
  1. 小型単棟ハウスの入口およびサイド部を、開閉時に紫外線が進入しないように間隔をとって内部に同じ材質のフィルムを張ると、ハウス内には
    310~400nmの近紫外光は進入しない(図1)。
  2. このハウスにおけるマルハナバチの訪花活動は、一般農ビと同様に近紫外線除去フィルムでも活発に行われ、作物群落としてみるとナタネ、イチゴ、トマトの順に訪れる(表1)。
  3. 連絡通路を設けた小型ハウスにおけるマルハナバチの訪花活動は、近紫外線除去フィルムでも一般農ビでも大差がなく、マルハナバチは近紫外線除去フィルム下で十分に利用できる(図2・図3)。
成果の活用面・留意点 マルハナバチの利用効果を上げるには導入前の準備が重要である。防虫網をハウスの開口部へ張ることでハチが出ないように、また害虫が入らないようにする。放飼時にはナタネのようなマルハナバチが好む花をハウス内へ置くとよい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005191
カテゴリ いちご 害虫 受粉 トマト なたね 農薬 防除 マルハナバチ ミツバチ

この記事は