ぽんかんに発生する水腐れの発生要因と防止対策

タイトル ぽんかんに発生する水腐れの発生要因と防止対策
担当機関 静岡県柑橘試験場
研究課題名
研究期間 1995~1996
研究担当者
発行年度 1995
要約 ぽんかんの収穫期間際に発生する水腐れは、完全着色期以降の果実が10℃以上の温度条件で、48時間以上濡れた状態にあると、果皮の吸水量が多くなるために発生することが明らかとなった。果皮の着色が6分程度の時期にジベレリンの1ppmもしくは5ppm水溶液を果実に散布すると、水腐れの発生が抑制された。
背景・ねらい 太田ぽんかんでは収穫期間際に水腐れが発生して大きな問題になっている。水腐れ発生の多寡は年による変動が大きく、対策試験を効率的に行うことができない。そこで水腐れ発生に関係する要因について検討を加えるとともに、水腐れ発生を防止する有効な手段を探索する。
成果の内容・特徴
  1. ぽんかん果皮の吸水速度は、果皮の着色が進むほど大きくなった。同一時期では温度が高いほど吸水速度が大きくなった(図1)。水に濡れた状態で果実を48時間経過すると、果実の横径と縦径がいずれも増加した。増加の程度は、果皮の着色が進むほど、温度が高いほど大きくなった(図2)。
  2. 完全着色期以降の果実では、10℃以上の温度条件で、48時間以上果実が水に濡れた状態にあると、水腐れが発生することが確認された(表1)。
  3. 水腐れ防止効果は、6分着色時のジベレリン1ppmもしくは5ppm溶液散布が有効であった(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 水腐れ防止についてのジベレリン使用は適用外農薬であり、現状では使用することはできない。
  2. ジベレリン散布は果皮の着色にも影響することが予想される。着色に悪影響を与えずに水腐れ防止効果が大きい散布時期・散布濃度については今後検討する必要がある。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005141
カテゴリ 農薬 ぽんかん

この記事は