水稲「ヒメノモチ」の奨励品種採用

タイトル 水稲「ヒメノモチ」の奨励品種採用
担当機関 山梨県総合農業試験場
研究課題名
研究期間 1995~1995
研究担当者
発行年度 1995
要約 「ヒメノモチ」は、早生・中稈・偏穂重型水稲糯品種で、耐病性が強く、玄米の“はぜ"が良く、「オトメモチ」に比較して収量性は同程度であるが、米質・食味に優れる。
背景・ねらい 標高700m以上の地帯の糯奨励品種として、昭和43年に採用され「オトメモチ」は、冷害に強く、多肥栽培で多収性があり、晩植にも適す広域適応性の高い品種である。しかし、常習的冷害地を除けば、近年農家は消費者志向に合わせて、品質・食味の点から「オトメモチ」に優る品種の選定を強く望んでいる。
成果の内容・特徴 「ヒメノモチ」は「オトメモチ」と比較して、その特性概要は次のとおりである。
  1. 出穂期・成熟期は2日~3日遅い早生種である。稈長は10cm以上長い。穂長は2cm以上長い。穂数はやや少ない。早生、中稈、偏穂重型の品種である。
  2. いもち病の圃場抵抗性はかなり強く、耐冷性はやや弱い。耐倒伏性はやや弱い。収量性は同程度で多収である。
  3. 玄米千粒重はやや大きく“中粒"である。整粒、光沢および「はぜ」がよく、米質良く、食味も優り良好である。
  1. 栽培適応地域
    峡北地域の標高600m~850m、富士北麓地域の標高550~750m。
成果の活用面・留意点
  1. 栽培適応地域
    峡北地域の標高600m~850m、富士北麓地域の標高550~750m。
  2. 留意点
    • ふ先の色は白で草型も粳品種と変わらないので、粳品種と間違えないよう混植には十分留意すること。
    • 耐倒伏性及び耐冷性は中程度であるので、多肥栽培は避け、良質米生産に心がけること。
    • 早生種なので、標高の低い地域の場合は比較的高温時の成熟となり、収穫遅れにより胴割れが発生する場合があるので適期収穫につとめ、良質米を生産すること。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005050
カテゴリ いもち病 水稲 多収性 抵抗性 凍害 品種 良食味

この記事は