特殊用途向水稲紫黒糯系統「関東糯182号」の育成

タイトル 特殊用途向水稲紫黒糯系統「関東糯182号」の育成
担当機関 農業研究センター
研究課題名
研究期間 1994~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約  水稲「関東糯182号」は、中国の紫黒糯の2次選抜によって育成された、インド型の紫黒糯系統である。「ホシユタカ」並みの晩生に属し、糠層にアントシアン色素が集積して、玄米は黒色を呈する。赤飯、赤餅、ライスプリンなど、その色素を利用した加工食品に適応性が高い。
背景・ねらい  各種食品に対する品質や消費者ニーズの多様化の中で、米に対しても素材の多様性や機能性を求める傾向があり、色素米に対する要望も強い。中国では古代より色素米を珍重しており、現在では人体に対する生理化学的、医学的な面からの基礎的研究が進められ、また各種加工米飯や、加工製品への利用法の研究がなされている。
成果の内容・特徴
  1. 「関東糯182号」は、1987年に農業研究センターで、中国の紫黒糯からの2次選抜を開始し、その後代から育成された紫黒糯系統である。
  2. 出穂期は「ホシユタカ」、「ユメヒカリ」並の晩生に属する。
  3. 成熟期の草型、稈長・穂長などは半矮性改良インド型の特徴を示す、短稈、強稈の穂重系統である。
  4. 各生育期の耐冷性は弱く、また、最高分げつ期頃の生育中期には生理障害とも見られる症状を呈し、植物全体が黄化し生育も一次停滞することがある。また、登熟期の低温では脱粒し易くなる。
  5. 玄米は長粒で、糠層にアントシアン色素が集積しており、黒色を呈する。色素量が多く、赤飯、赤餅、天然色ライスプリン、水飴など、その色素を利用した加工食品に適応性が高い。
  6. いもち病に対しては、未知の抵抗性遺伝子をもち、現在のところ圃場での罹病はみられない。
成果の活用面・留意点
  1. 適応地帯は関東以西の早期・早植栽培及び近畿以西の早期・早植、普通栽培地帯である。晩植栽培には適さない。
  2. 幼苗期、幼穂形成期及び減数分裂期の耐冷性は弱い。
  3. 育成中期に稲全体が黄化する特性がある。
  4. 現在、これを侵すいもち病菌はないが、侵害菌の発生の可能性がある。
  5. 一般の頴色と異なるため成熟期の判定がやや難しい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005013
カテゴリ いもち病 加工 機能性 水稲 生理障害 抵抗性遺伝子

この記事は