低アミロ−ス水稲新品種候補系統「関東168号」の育成

タイトル 低アミロ−ス水稲新品種候補系統「関東168号」の育成
担当機関 農業研究センター
研究課題名
研究期間 1994~1994
研究担当者
発行年度 1994
要約  水稲「関東168号」は「コシヒカリ」のMNU処理突然変異によって育成された、低アミロース系統である。「コシヒカリ」並の早生に属し、アミロース含量・千粒重・収量以外の諸特性は「コシヒカリ」と同一である。米の用途は、加工米飯、米菓、一般米飯、おにぎりなどに適する。
背景・ねらい  各種食品に要望される品質や消費者ニーズが多様化する中で、一般米に対しても「コシヒカリ」よりも粘りが強い良食味米及び各種米飯加工、米菓加工に適する品種が求められている。低アミロース等の澱粉の改変の上で突然変異の有効性が示されていた。
成果の内容・特徴
  1. 「関東168号」は、1985年に農業研究センターで、「コシヒカリ」にMNU(メチルニトロソウリア)処理を行って、突然変異を誘発し、その後代から育成された低アミロース系統である。
  2. 出穂期、成熟期、稈長などアミロース含量と千粒重・収量以外の諸特性は「コシヒカリ」と同一である。
  3. 「コシヒカリ」と同様、耐冷性は極強、穂発芽性は難である。また、耐倒伏性は弱で、いもち病抵抗性も弱である。
  4. 外観品質は「コシヒカリ」並であるが、千粒重はやや軽い。収量は「コシヒカリ」よりやや低い。アミロース含量は、9%~12%で玄米はやや不透明となる。米の用途は、一般の良食味米飯、加工米飯、おにぎり、炊込み米飯、胚芽米飯、米菓など多くの用途に適する。
    特性一覧表
成果の活用面・留意点
  1. 適応地帯は南東北以南の「コシヒカリ」栽培地帯である。
  2. 耐倒伏性が「コシヒカリ」並に弱いため、施肥管理は「コシヒカリ」並とし、多肥栽培は避ける。
  3. 成熟後期の倒伏などにより、品質を悪化させないように適期刈りに努める。
  4. 耐冷性極強、穂発芽性難であり、低アミロースの良食味母本として有効であると考えられる。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010005011
カテゴリ いもち病 加工 新品種 水稲 施肥 抵抗性 品種 良食味

この記事は