トウモロコシの乾燥・高温ストレス応答性遺伝子発現を制御する転写因子ZmDREB2Aを用いた環境ストレス耐性植物の作出

タイトル トウモロコシの乾燥・高温ストレス応答性遺伝子発現を制御する転写因子ZmDREB2Aを用いた環境ストレス耐性植物の作出
担当機関 (独)国際農林水産業研究センター
研究課題名
研究期間 2004~2011
研究担当者 柿本真之
佐久間洋
篠崎和子
秦峰
圓山恭之進
発行年度 2006
要約 シロイヌナズナのDREB2A遺伝子は植物の乾燥と高温の両方のストレス耐性の獲得に働くが、合成されたままでは活性を示さず翻訳後の活性化を必要とする。これに対して、トウモロコシのZmDREB2Aタンパク質は活性化を必要とせず、ストレスによるmRNAのスプライシングによって機能が調節されていた。スプライシング後のZmDREB2A cDNAを導入した植物では、乾燥と高温ストレスに対して高いレベルの耐性を示した。
背景・ねらい
 植物は劣悪な環境になると、多数の耐性遺伝子群を働かせることにより耐性を獲得して適応している。これらの環境ストレスに対する耐性の獲得機構で働く転写因子は、一度に多数の耐性遺伝子を制御して、高い耐性を植物に付与するため重要な有用遺伝子と考えられる。シロイヌナズナにおいて、乾燥や高温ストレス耐性の獲得に機能している転写因子は、ストレス誘導性のDREB2Aであることが明らかにされている。本研究課題では、単子葉植物であり重要な穀物でもあるトウモロコシを用いてDREB2Aの相同性遺伝子を単離し、環境ストレス耐性獲得における機能の相違点や類似点を明らかにして、環境ストレス耐性作物の分子育種への応用のための基礎データを得ることを目的としている。
成果の内容・特徴
  1. シロイヌナズナのDREB2A遺伝子に最も高い相同性を持つトウモロコシのEST配列をもとに、RT-PCRによりZmDREB2A cDNAを単離した。
  2. ZmDREB2A cDNAには長鎖型(ZmDREB2A-L)と短鎖型(ZmDREB2A-S)が存在したが、プロトプラストを用いたトランジェント発現解析でZmDREB2A-Lがコードするタンパク質は活性を持たないことを示した。
  3. ZmDREB2Aの発現は低温、乾燥、塩、高温ストレスによって誘導され、これらのストレスにより、活性型であるZmDREB2A-Sの存在比が増加した。これらのストレスが加わることによってスプライシングが起こり、ZmDREB2A-LはZmDREB2A-Sに変換すると考えられた。
  4. トランジェント発現解析により、シロイヌナズナのDREB2Aタンパク質は翻訳後の活性化を必要とするが、トウモロコシのZmDREB2Aタンパク質は活性化を必要としないことを示した。
  5. シロイヌナズナ中で、恒常的発現を制御するCaMV35Sプロモーターを用いてZmDREB2A-Sを過剰発現すると、多くの乾燥ストレス誘導性遺伝子が高発現して乾燥ストレス耐性が顕著に向上したが、同時に生育の遅延も生じた。
  6. 生育の遅延を抑えて乾燥耐性を向上させるため、ストレス誘導性のRD29Aプロモーターを用いてZmDREB2A-Sをシロイヌナズナ中で発現させると、乾燥耐性が向上するとともに野生型と同様の生育を示した(図1)。
  7. ZmDREB2A-Sを過剰発現したシロイヌナズナは高温ストレス耐性も示した(図2)。
  8. 高温ストレス応答性遺伝子の発現は、非ストレス条件下でZmDREB2A-S過剰発現シロイヌナズナにおいて増加していた(図2)。

成果の活用面・留意点
  1. ZmDREB2A 遺伝子は、乾燥・高温ストレス耐性作物開発のための有用な遺伝子として利用できると期待される。
  2. ZmDREB2A遺伝子はトウモロコシ等の単子葉植物も含めた多くの作物種に利用できると考えられる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004933
カテゴリ 育種 乾燥 とうもろこし

この記事は