ミトコンドリア型スモールヒートショックプロテイン遺伝子を導入したタバコの耐暑性〔研究〕

タイトル ミトコンドリア型スモールヒートショックプロテイン遺伝子を導入したタバコの耐暑性〔研究〕
担当機関 (独)国際農林水産業研究センター
研究課題名
研究期間 1998~2002
研究担当者 庄野真理子
三宮一宰
Jian Liu (Shandong Teacher Univ.
China
Ishwar Singh (Indian Institute of Sugarcane Research
India
Jaral Ud Din (Land Resources Research Institute
Pakistan
鈴木克己
塚口直史(新潟大)
江川宜伸
発行年度 2002
要約 トマトのミトコンドリア型スモールヒートショックプロテイン(MT-sHSP)遺伝子を、センス向きに導入したタバコは耐暑性を示す。また、アンチセンス向きに導入したタバコは熱感受性を示す。
背景・ねらい いわゆるストレス反応を支える一群のタンパク質として最もよく知られているヒートショックプロテイン(HSP)は、環境変化に反応して抵抗性を誘導し、さ らに普段から分子シャペロンとしてタンパク質の介添え役を果たしていることがわかってきている。低分子スモールヒートショックプロテイン(sHSP)も分 子シャペロンとしての機能を有することが明らかとなり(平成13年度国際農林水産業研究成果情報)、ミトコンドリア型スモールヒートショックプロテイン (MT-sHSP)遺伝子を導入することによる耐暑性作物の作出を目指す。
成果の内容・特徴
  1. トマトMT-sHSP遺伝子を導入したT2世代タバコは、過剰発現させたセンス系統、発現抑制させたアンチセンス系統とも遺伝子の発現量によらず野生型と同等の生長をし、生育異常は見られない(図1)。
  2. センス系統タバコは、常温においてもMT-sHSPを顕著に発現する(図2A)。また、アンチセンス系統は熱ストレス下においてMT-sHSPの発現が抑制されている(図2B)。
  3. センス系統タバコは耐暑性を、またアンチセンス系統タバコは熱感受性を示す(図3)。
成果の活用面・留意点 耐暑性作物作出のためにトマトMT-sHSP遺伝子が利用できる。

URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004849
カテゴリ 耐暑性 たばこ 抵抗性 トマト

この記事は