うめ茎頂培養組織からの効率的発根方法

タイトル うめ茎頂培養組織からの効率的発根方法
担当機関 福井県農業試験場
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1998
要約 うめの茎頂培養由来の多芽状集塊を1芽ずつに分割し、ゼアチンを加えたWPM培地で培養すると、発根可能なシュートが得られる。このシュートに発根促進剤を粉衣し、ショ糖を添加した修正MS培地に置床すると、発根個体が得られる
背景・ねらい 優良種苗大量増殖や組織培養を組み合わせた育種技術として、培養系の確立が求められている。うめの組織培養に関する技術として、茎頂から増殖させた多芽状集塊からシュートを得て、発根させる技術を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 茎頂から増殖させ、多芽状集塊となっている個体を1芽ずつに分割し、ショ糖30g/㍑を加えたWPM培地で培養すると、シュートが得られる。このときの最適ホルモン条件として、サイトカイニンはゼアチン3mg/㍑、オーキシンはNAA0.001mg/㍑である(図1、図2)。
  2. 得られたシュートを切り取り、発根促進剤(IBA2%粉剤)を切り口に粉衣し、ホルモンフリーの修正MS培地に置床すると、発根個体が得られる。発根培地に添加する糖としては、ショ糖30g/㍑が最適である(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 自根苗の育成、優良種苗の大量増殖、培養状態での変異誘起などに活用できる。
  2. 順化条件については、今後検討が必要である。
  3. 供試品種は「紅サシ」である。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004632
カテゴリ 育種 うめ 品種

この記事は