プラスチックフィルムを用いた山菜の保存方法

タイトル プラスチックフィルムを用いた山菜の保存方法
担当機関 富山県食品研究所
研究課題名
研究期間 1998~1998
研究担当者
発行年度 1998
要約 収穫後のアサツキ等をより長期間保存するには0℃に保つことが良く、またポリエチレン製のプラスチックフィルム特に鮮度保持機能を有するものを用いて包装すると変色をり押さえる効果がある。
背景・ねらい 中山間地域の換金作物である山菜類の長期保存のための技術を確立することにより、山菜類の生産拡大を図る。
アサツキ、ギョウジャニンニク、クサソテツやヤマウド等の山菜は収穫後の保存下で変色等の鮮度低下現象が見られ、より長期間の日持ちが現場で望まれている。そこで保存温度条件の設定や種々のプラスチックフィルムを用いた包装を施すことでこれら山菜の保存期間の延長を図る。
成果の内容・特徴
  1. アサツキやギョウジャニンニクの変色は温度による影響が大きいため、0℃で保存する必要がある(表1、表2)。
  2. クサソテツは無包装では1週間で変色・腐敗してしまうが、包装することにより製品寿命を延ばすことができる(表3)。
  3. ヤマウドは他の3種と比べて比較的高い温度に強いが、包装することによってさらに保存効果の向上が期待できる(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. ひとつの包材にくるむ山菜の分量は、それが重ならない程度がよい。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004621
カテゴリ あさつき うど ぎょうじゃにんにく 生産拡大 中山間地域

この記事は