GISH法および画像解析法を用いた体細胞雑種におけるゲノム・染色体の識別

タイトル GISH法および画像解析法を用いた体細胞雑種におけるゲノム・染色体の識別
担当機関 北陸農業試験場
研究課題名
研究期間 1997~1997
研究担当者
発行年度 1997
要約 異種ゲノムからなる体細胞雑種においてゲノムを塗り分けるGISH法を開発し、ゲノム・染色体を完全に識別同定した。体細胞雑種個体ではそれぞれのゲノムは核内で固有の空間配置をとり、かつゲノム特異的な染色体の選択的脱落が認められる。
背景・ねらい 細胞融合法により作出された異質倍数性は2種のゲノムの特性を併せ有しているため、不稔や形質異常が生じる場合も多く、その機構については未だ不明である。そこで体細胞雑種においてゲノムを可視化し、染色体を識別・同定するGISH(ジェノミックin situハイブリダイゼーション)法ならびに画像解析法を開発し、染色体異常、ゲノムの不安定性について明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. アブラナならびにイネ体細胞雑種について、異種ゲノムを塗り分けるGISH法を開発した(図1)。さらにアブラナ属植物の染色体の定量的染色体地図を作成した。
  2. GISH法により、アブラナ体細胞雑種(AACC種)におけるAゲノムおよびCゲノムの染色体が識別できる。また、イネ体細胞雑種(AABBCC種)の3種のゲノムが識別できたことにより、ゲノムの不安定性の解析が可能となる。
  3. 画像解析法によるアブラナ属の基本ゲノムA、B、Cに属する染色体の定量的な地図の作成により体細胞雑種での染色体の同定が可能となる(図2)。
  4. 体細胞融合個体では核内においてゲノムがそれぞれ固有の領域を占める。
成果の活用面・留意点
  1. 体細胞雑種,交配による雑種のいずれにおいてもゲノムの識別のために、GISH法を用いることが出来る。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004544
カテゴリ あぶらな

この記事は