極早咲き鉢物・花壇用オリエンタル系ユリ新品種「S91-507」

タイトル 極早咲き鉢物・花壇用オリエンタル系ユリ新品種「S91-507」
担当機関 富山県農業技術センター
研究課題名
研究期間 1996~1996
研究担当者
発行年度 1996
要約 早咲きの鉢物用オリエンタル系ユリ品種の育成を目標に昭和62年に交配し、胚培養によって「S91-507」を育成した。露地栽培において、開花期が早く、草姿がわい性で鉢物、花壇用に適する。また、加温栽培を行うことによって切り花用としても利用できる。
背景・ねらい オリエンタル系品種は栽培期間が長く、病害虫防除等の栽培管理の負担が大きいという問題がある。また、近年鉢物ユリの需要が増えつつあるため、早咲きの鉢物用オリエンタル系品種の育成を目標とした。
成果の内容・特徴
  1. (1)育成経過
  2. 昭和62年にオリエンタル系品種の「スターゲーザー」にオトメユリを交配し、胚培養によって育成した。この系統は、りん片培養によって増殖するとともに特性検定(露地、促成、抑制栽培特性、増殖特性、病害抵抗性)を行った結果、優良と判定されたので、平成8年に品種登録の申請を行った。
  3. (2)特性の概要
  4. ア.花は淡いピンク色で、オリエンタル系では数少ない小輪である。露地での草姿はわい性である(表1)。
  5. イ.露地開花期は5月下旬の極早咲きで、オリエンタル系品種の中で最も開花期の早い「ルレーブ」と比べても約1ヶ月早いため、早期の出荷が可能である(表1)。
  6. ウ.りん片繁殖による増殖率が高い(表2)。
  7. エ.促成栽培または抑制栽培の際に加温栽培を行うと、短い到花日数で切り花生産も可能である(表3、4)。
  8. オ.葉枯病、球根の腐敗症状などは特に認められず、病害抵抗性は高いと考えられる。また、促成、抑制栽培において、葉焼け等の生理障害症状は認められていない。
成果の活用面・留意点
  1. (1)球根生産ではユリ球根生産地全域に適応する。栽培期間が短いため、球根の早期出荷が可能なほか栽培管理労力の軽減、病害虫被害を受ける機会の減少などの利点がある。
  2. (2)鉢物生産では、露地または無加温栽培を行う。
  3. (3)促成、抑制栽培ではユリ切り花生産地全域に適応する。切り花生産では、16cm球以上を用いて温室栽培を行い草丈を長くとるようにする
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004420
カテゴリ 害虫 栽培技術 出荷調整 新品種 生理障害 繁殖性改善 品種 病害虫防除 病害抵抗性 ゆり

この記事は