いちごのウイルスフリー苗生産のためのウイルス検査法

タイトル いちごのウイルスフリー苗生産のためのウイルス検査法
担当機関 道立中央農試
研究課題名
研究期間 2005~2007
研究担当者 佐々木純
古田和義(北海三共(株))
竹内徹
発行年度 2008
要約 作製したイチゴマイルドイエローエッジウイルス(SMYEV)抗体によりSMYEVを検出できる。また、作製したLAMPプライマーを用いてSMYEV、イチゴモットルウイルス(SMoV)、イチゴベインバンディングウイルス(SVBV)を検出できる。
キーワード いちご、ウイルス、ELISA法、LAMP法
背景・ねらい
    栄養繁殖性であるいちごは、ウイルスに感染すると、生産性と品質が著しく低下するためウイルスフリー苗による栽培が不可欠であるが、その検査は経費、作業時間、検査者の技術といった多くの問題を抱えている。本試験では、現地で多く発生しているイチゴマイルドイエローエッジウイルス(SMYEV)のELISA法(酵素結合抗体法)と母株のウイルス高感度検査法として主要なウイルスであるSMYEV、イチゴモットルウイルス(SMoV)、イチゴベインバンディングウイルス(SVBV)のRT-LAMP法(遺伝子診断法)を確立し、いちごのウイルスフリー苗の安定生産に寄与する。
成果の内容・特徴
  1. いちごの現地サンプルから高い頻度で検出されているSMYEVについて大腸菌発現系 でSMYEV-外被タンパク質遺伝子を発現させ、ウサギに免疫して特異的なSMYEVポリクローナル抗体を作製できる
  2. 作製したSMYEV抗体は、DAS-ELISA法により罹病葉の生体重の100 ~1000倍希釈までSMYEVを検出が可能である(表1)。
  3. 病害虫診断試験で持ち込まれたサンプルについてELISA法によりSMYEV検出が可能である(表2)。
  4. いちごの主要なウイルスであるSMoV、SMYEV、SVBVの北海道分離株について遺伝子配列を明らかにしてプライマーを設計・選抜した特異性の高いプライマー(表3)を用いて、いちご罹病葉の粗抽出液からLAMP法によりSMYEVは罹病葉から高感度に検出することができる(表4)。
  5. SMYEVのELISA法は多検体検定が可能で高価な機器を必要としないため、苗の検査や病害虫診断、生産現場での検査に利用が可能である。またSMYEV、SMoV、SVBVのLAMP法は、ウイルス遺伝子の抽出作業が煩雑で労力とコストがかかるPCR法に代わりウイルスフリー苗の母株のウイルスフリー検査に利用が可能である。
成果の活用面・留意点
  1. SMYEV、SMoV、SVBVのLAMP法は母株のウイルスフリー検査に利用する。SMYEVのELISA法はランナー苗のウイルスフリー検査や、現地圃場のウイルス検査および病害虫診断に利用する。
平成20年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名および区分
「いちごのウイルスフリー苗生産のためのウイルス検査法」(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004226
カテゴリ いちご 害虫 コスト 繁殖性改善

この記事は