規格別出荷に対応したながいも栽培技術

タイトル 規格別出荷に対応したながいも栽培技術
担当機関 作物研究部
研究課題名
研究期間 2005~2007
研究担当者 竹中秀行
鳥越昌隆
竹内晴信
田縁勝洋
中津智史
白旗雅樹
発行年度 2007
要約 ながいもの規格内収量を4000kg/10a程度確保した上で、3L規格以上収量は種いも重量増加により、2L~L規格収量は密植により増加できる。窒素施肥量はいずれの場合も規格内収量を確保し、土壌中残存窒素量低減の観点から20kg/10aが適当である。
キーワード
    ながいも、規格内収量、土壌中無機態窒素残存量
背景・ねらい
    安定的な供給を求められる北海道産ながいもの輸出用規格(3L以上)及び国内市場向け規格(2L,L)の収量向上に適した窒素施肥量、種いもの大きさ及び栽植密度を収量、品質、施肥窒素による環境負荷への影響の面から明らかにする。
成果の内容・特徴
  1. 窒素用量試験の結果、窒素20及び25kg/10a区の規格内収量(S以上)は、15kg/10aに比べて高まる場合が多く、かつ4000kg/10aを確保できるが、30kg/10a施用では頭打ちあるいは低下する(図1)。
  2. ながいもの内部品質として重要な乾物率は、窒素30kg/10a区では低下する傾向がある(図1)。
  3. 窒素5kg/10aの増肥に対して、ながいもの窒素吸収量の増加は2kg/10a程度に止まり、見かけの施肥窒素の利用効率は低下する。そのため、施肥窒素量が多いと、跡地土壌の無機態窒素残存量も高まる。この量は窒素施用量の増加に伴い多くなる傾向にあり、地下水への硝酸性窒素汚染リスクが危惧される(図1)。
  4. 上記1~3の結果から、窒素施用量は20kg/10aが適当である。
  5. 施肥窒素20kg/10aの条件で、種いもを標準の100gから150gへと大きくすることにより、いも径及び重さが共に増大し、3L規格以上の収量が高まる(図2)。
  6. 窒素施肥量20kg/10aの条件で、標準の100g種いもを用いて、畦間を変えずに、株間を24cmから18cmに狭める密植(裁植密度6,170本/10a)を行うと、2L~L規格および規格内収量が増加する(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は、規格内収量4000kg/10aを目標とする際の目安として用いる。
  2. 本成果は、十勝中央部の窒素地力の比較的低い(熱水抽出性窒素1~6mg)火山性土において得られたものである。
平成19年度北海道農業試験会議(成績会議)における課題名及び区分
「規格別出荷に対応したながいもの栽培技術」(指導参考)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004013
カテゴリ 栽培技術 収量向上 出荷調整 施肥 輸出

この記事は