フルオープンハウスの導入による暑熱作業環境の改善

タイトル フルオープンハウスの導入による暑熱作業環境の改善
担当機関 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター
研究課題名
研究期間 2007~2009
研究担当者 向弘之
松田周
古原洋(道立中央農試)
福川英司(道立花野技セ)
小林靖典(JAピンネ)
水田康雄(JAピンネ)
発行年度 2007
要約
    天井部フィルムを開放できるフルオープンハウスでは、夏季のハウス内気温の過度な上昇が抑えられ、従来型ハウスより5℃以上低く抑えられる場合がある。熱中症の発症が危惧されるWBGTが28℃を超える時間も約1/3に短縮され、作業環境が改善される。
キーワード
    フルオープンハウス、作業環境、暑熱対策、WBGT(湿球黒球温度)
背景・ねらい
    近年北海道内においても、パイプハウスを利用した施設園芸が盛んである。温暖な地域に比べて夜温が低く日射量が多い夏季は、糖度の高い果菜類の生産が見込まれる。しかし日中はハウス内が高温になり易く、暑熱環境下の収穫や管理作業では熱中症の発症も危惧される。そこで暑熱対策として、天井部のフィルムを開放できるフルオープンハウス(以下、FOハウス)を導入した場合の効果を、側方換気のみの従来型ハウスと比較して検討する。また導入コスト低減のため、既存のハウスを自家施工によりFOハウスに改造する場合の施工の難易、材料費を確認する。
成果の内容・特徴
  1. FOハウス内気温の上昇は、天井部の開放によって外気温近くにとどまる。その結果、晴天で日射の強い条件では、従来型ハウスより5℃以上(今回の計測では最大9℃)気温が低く抑えられる場合がある(図2)。ハウス内の気温が30℃を超える延べ時間は、従来型ハウスで240時間に達するが、FOハウスでは72~82時間にとどまる(表1)。
  2. 熱中症予防の指標となるWBGTで見ると、厚生労働省が「果物や野菜を摘む」の作業について熱に順化した人を対象に示す基準値:28℃を超える延べ時間が、従来型ハウスの143時間に対しFOハウスでは43~51時間となり、約1/3に短縮される(表1)。
  3. WBGTが28℃を超える時間の割合は、日中10~14時台にかけて、従来型ハウスではおよそ30~40%超に達するが、FOハウスでは10%程度である(図3)。
  4. 既存のパイプハウスを自家施工でFOハウスに改造することにも大きな困難はなく、改造に要する材料費は、間口6m、奥行50mのサイズのハウスで約20万円である。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は、新十津川町のJAピンネ実験農場内に並べて設置したFOハウス2棟と従来型ハウス1棟(図1)について、FOハウスの天井部の開放をほぼ毎日連続して行った2007年6月17日~9月2日の78日間のうち、雨天等によりFOハウスの天井部を開放しなかった15日を除く63日の環境計測記録をとりまとめた結果である。
  2. FOハウスは、天井部のフィルムを棟で固定する必要がある。このため自家施工による導入にあたっては、高所作業の安全に十分に配慮する必要がある。
  3. FOハウスの天井部を開放しない日中および夜間のハウス内気温は、従来型ハウスとほぼ同じであり、FOハウスの保温性が従来型ハウスより劣ることはない。
 
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010004002
カテゴリ 施設園芸 低コスト

この記事は