トンネル・マルチ作型におけるスイートコーンの品種特性

タイトル トンネル・マルチ作型におけるスイートコーンの品種特性
担当機関
研究課題名
研究期間 2005~2006
研究担当者 田中静幸
堀内優貴
発行年度 2006
要約 トンネル早熟直播栽培、露地直播マルチ(8月どり)栽培における生食用スイートコーンの生育特性、収量性、品質について品種特性を明らかにした。
キーワード スイートコーン、品種特性、収量性、食味
背景・ねらい スイートコーンの民間育成品種について、多様化する作型や品種動向などに即応した品種特性調査を行い、各産地における品種選択の際の資料を提供する。
成果の内容・特徴
  1. イエロー系品種のトンネル早熟直播栽培では早生性、雌穂特性、食味を重視し、「SS131」は早生で雌穂はやや大きく収量性はやや優れる。「キラキラコーン」は早生で発芽が優れる。「スイーティー84」はやや早生で穂のそろいが良く、外観はやや優れる。「きみか」は穂のそろいが良く、外観はやや優れる。「恵味ゴールド」はやや晩生で、雌穂がやや大きく多収である。「どでかコーン優作」は発芽の劣った年次があるものの、やや晩生で雌穂が大きく多収である(表1)。
  2. イエロー系品種の露地直播マルチ(8月どり)栽培では収量性、雌穂特性、食味を重視し、「キャンベラ86」はやや早生で雌穂はやや大きく、外観は優れ、収量性に優れる。「SK0-103」の雌穂サイズはやや大きく、収量性はやや優れ、粒は軟らかい。「きろろ83」の雌穂はやや大きく、収量性は優れる。「恵味86」の雌穂はやや大きく、収量性、食味はやや優れる。「イエローセブン」はやや晩生で、雌穂はやや大きく、外観に優れ、収量性もやや優れる(表1)。
  3. バイカラー系品種の露地直播マルチ(8月どり)栽培では収量性、雌穂特性、食味を重視し、「プライムスイート」は早生で、甘さはやや優れる。「甘穫娘」はやや早生で雌穂の外観はやや優れ、粒はやや軟らかい。「ティガ」は初期生育が旺盛で、雌穂はやや大きく、外観も優れ、収量もやや優る。「歩味ドリーム」の雌穂はやや大きく、外観も優れ、甘さの評価も高い。「ララミープラス146」の雌穂はやや大きく、そろいが良く、外観は優れる。また甘味もやや優れる(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 産地における品種選択の参考とする。
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3010003989
カテゴリ カラー 直播栽培 品種 良食味

この記事は